BARでの一杯目は何を注文すればいいの?

BARにまつわる不安や疑問で最も多いもの。それは「一杯目になにを注文したらいいか分からない」という問題です。

特に初心者のうちは、お酒もあまり知らないためその迷いは大きくなります。そこで今回は、BARでの一杯目問題を解決してみましょう。

一杯目に注文すべきお酒は?

BARにやってくるお客さんの用途は様々です。その日の一杯目として飲みに来る人もいれば、どこかで食事を終えて締めにやってくる人もいます。当然ながら、そうなると一杯目に求める要素は異なってきます。

つまり、一杯目にはこれを注文しないといけないというものは無く、その時飲みたいものを頼めばOKなのです。とはいっても初心者の場合は、どんなお酒があるのかも分からないので戸惑うことでしょう。

そこでここからは、その日最初一杯を想定して、オススメのドリンクをいくつか紹介してみます。

スタートの定番ジントニック

BARでの一杯目。大本命はジントニックです。
ジンをトニックウォーターで割っただけのシンプルなカクテルで、このカクテルを作れないバーテンダーはいません。

チェーンの居酒屋でもメニューに載っているほどの定番です。
ただシンプルであるがゆえに、店のこだわりが反映されるのも特徴。そのため、初めてのBARで最初に注文するのに最適なカクテルと言われています。

アルコール度数もそれほど高くなく、飲み口はトニックウォーターの甘さもあり爽やかで飲みやすく、一杯目には最適。

さらにシンプルながら使うジンやトニック、ライムの扱いなど、店により様々なこだわりが表れるのも特徴。

そのため初めてのお店で、店の方向性やこだわりを知るのにも最適な一杯です。

店によって使用するジンの銘柄を聞かれることもありますが、特にこだわりが無いなら、お店のスタンダードでお願いすればOKです。

リッキーもオススメ

トニックウォーターの甘さが嫌という場合には、ソーダで割ってライムを沈めたリッキースタイルのカクテルもオススメです。こちらはジンリッキーやウォッカリッキーが定番です。

ソーダ割りですので、元のお酒の風味をより一層感じられます。

ウオッカリッキーは、例えるならチューハイの味わいですので、普段居酒屋ばかりでBARのお酒に慣れていない人にも飲みやすいでしょう。

人気のハイボールも一杯目に最適

ウイスキーをソーダで割るハイボールも、飲み口が軽く一杯目には向いているお酒です。

元のウイスキーの選び方により、味わいも様々に変化しますので、毎回違う味を楽しむことも出来ます。

興味のあるウイスキーの銘柄を指定するもよし、好みの味を伝えてバーテンダーに選んでもらうもよしと、選び方は様々です。

ビールもOK

何となくBARでビールを頼むのは気がひけるという方も少なくありません。恐らくは無数のお酒が並んでいるのに、どこでも飲めるビールを頼むという点に、後ろめたさを感じているのでしょう。

ただ、BARでビールを頼むのは全く問題ありませんのでご安心ください。

殆どの店が生ビールサーバーを用意していますので、プロが注いだ美味しいビールを飲むことが出来ます。

また世界各国のビールや、全国各地のクラフトビールを用意しているお店もありますので、興味があればそれを頼んでも良いでしょう。

その日の最初の一杯を選ぶポイント

その日最初の一杯を選ぶポイントをまとめると、爽やかな飲み口でそれほどアルコール度数が高くないものとなります。

もちろん最初から、度数の高いお酒を頼んでも悪くないですが、体調によって酔い方は日々変わります。

いつもは大丈夫なはずの強いお酒を飲んで、急に酔いがまわり前後不覚になるなんて事もありえます。

自分のその日の体調や、飲めそうな酒量を判断するという意味でも、ある程度、度数を抑えたものからスタートするのが良いでしょう。

また、これまでにオススメしたお酒は、一杯目しかNGというわけではありません。
どのタイミングで飲んでも大丈夫ですので、気に入れば何杯でもどのタイミングでも楽しみましょう。

BARに根深く潜む一杯目問題

今回紹介した以外にも、リキュールのソーダ割りなどまだまだ一杯目に向きのお酒は存在します。「一杯目に相応しい飲みやすいお酒は何か?」というのは、バーテンダーとする会話の話題にも最適です。

そんな会話から新たなお酒を知り、それを注文する。それこそがBARでお酒の世界を広げる楽しさでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です