初めてのお酒デート!知っているだけで得をする お酒の席での行動 & 女性向けカクテル

女性と一緒にレストランやBARに行く。そんな時のちょっとした行動で印象が大きく変わります。些細な気遣いや、ほんの少しのアクションで、相手からの評価は雲泥の差がつきます。

そこで今回は、モテる男が実践している酒の席での振る舞いをご紹介します。

相手の酒量を把握する

お酒を飲んで語らうのは物凄く楽しいことです。

しかし誰かを誘うということは、自分がホストでありもてなす側であることを忘れてはいけません。もちろん、お店に行けばサービスマンやバーテンダーが細やかなサービスをしてくれますが、自分ももてなす側だと認識しましょう。

特にお酒が入る席では、相手の飲める量をしっかり把握するのが重要です。せっかくの楽しいお酒の席なのに、飲みすぎもしくは飲ませすぎて具合が悪くなってしまっては、最悪の印象しか残りません。

仮に相手がもっと飲みたがったとしても、ストップをかけて切り上げるのも重要です。

そのためには、自分も飲みすぎて泥酔してはいけません。あくまでレストランやBARはお酒や料理を楽しむ場で、酔っ払う場ではないと認識しましょう。

 

お酒選びはエスコート

たくさんのボトルが並ぶバックバーを目の前にすると、誰しもが緊張します。BARを使い慣れている女性ならば楽しめるでしょうが、そうでないなら緊張もなおさら。

そんな中でバーテンダーから一杯目の注文を聞かれても、何を頼んでいいのかわからずアタフタしてしまいます。

そんなときにさりげなく、飲みやすそうなカクテルを提案したり、どんな味がいいかを聞いてあげるとポイントアップ。本来はバーテンダーがする会話ですが、男女で来ている場合には男性がエスコートするべき瞬間です。

上手に相手に提案したり、もしくは好みの味を聞き出せば、後はバーテンダーがカクテルを作ってくれます。

出てきたお酒が美味しいならば、あなたへの評価も上昇すること間違いなしです。

 

カズックス
記事の最後のほうで女性におすすめのカクテルを紹介しています。

この他にも一般的に最初の1杯目としてよく注文される、人気のお酒に関する記事を下記にリンクを張っておきます。

薀蓄を語らない

お酒と言うのは色々な歴史や背景、面白いエピソードや伝説まであり、知っていると語りたくなります。

ともすれば薀蓄を語ることが、物知りに見えると勘違いしがちです。しかし相手が要求していないのに、ペラペラと薀蓄を語るのは感心できない行動です。

マジシャンは出かける際、自分をマジシャンだと知った相手から「手品を見たい」と要求されても対応できるよう、常にタネを仕込んでいます。

 

しかし決して相手から要求されなければ、自らマジックを披露することはありません。薀蓄もこれと同じで、求められてないのに自分から相手に語るものではないと心がけましょう。

 

終わりの時間を逆算する

BARで美味しいお酒を飲み、会話がはずむとついついいつまでも飲んでいたくなります。BARは深夜まで営業していますから、時間も忘れて話し込んでしまうこともあるでしょう。

しかし終わりの時間を把握して、注文を切り上げるのも重要な気配りです。

誘ってもらった側からは「そろそろ終わりに」とは言い出しにくいものです。誘った側が責任を持って、終わりの時間を決めダラダラと飲み続けないのも大人の振る舞いです。

 

お会計はさりげなく

バーテンダーは日々無数のお客さんを相手にしており、様々な場面を見てきています。

そんななかで「この人はデキるなぁ」と思うポイントがお会計の仕方です。特に女性と一緒の場合は、相手がお手洗いに立った瞬間を見計らい、支払いを済ませるのがスマートなやり方。

仮に女性が席を立たない場合は、カードで支払い金額をわからないようにすると、デキる男に見えます。

反対にこれ見よがしにお札を数えて支払ったり、小銭を音を立てながら探して支払うのは見栄えがよくありません。どんな場面でも、最後はお金を支払って終わります。終わりよければ全てよしという言葉がありますが、スマートな支払いで好印象を残したいものです。

お酒の席でモテる男性が実践している代表的な行動をまとめてみました。

カズックス
ちなみに女性が最も引く男性の行動は「店員に偉そうな態度をとる」だそうです。最も、こんな行動をとる人は女性だけでなく、全ての人から人間性を疑われてしまいます。

BARやレストランは大人の空間だからこそ、常に良識ある行動を心がけましょう。

 

BERに行ったときに彼女にオススメしよう! 女性にオススメカクテル

カクテルは性別を問わずどんな人でも楽しめるお酒です。

しかしそんな中でも、やはり女性向けもしくは女性人気の高いカクテルが存在しています。そんなカクテルを知っておいて、女性にさりげなくオススメすれば、あなたの評価もグンとアップするはず。

今回は、男性が知っておいても損は無い、女性にオススメのカクテルを紹介します!

カズックス
女性にオススメしたいカクテルを挙げてみました。
このカクテルを覚えておけば、一緒にBARに行った女性がメニュー選びに迷ったときに上手にエスコートできるかも!?

飲みやすいカクテル「モスコミュール」

ウオッカをジンジャーエルで割り、ライムを搾りいれたカクテルです。

飲み口はジンジャーエルの爽やかさと甘さがメインで、ウオッカは陰を潜めています。ベースをウオッカでなくラム酒に変えても、ラムの甘い香りが程よく漂う素晴らしいカクテルとなります。

ラムベースのものには具体的な名称はありません。強いてあげるならラムバックですがこれだとレモンを搾ることとなります。なので難しく考えず「ラムをジンジャーエールで割ってライム搾ってください」の注文でOKです。

 

ナッツ風味のするミルクカクテル「ノチェロミルク」

いかにも女子が大好きなカクテルの代表選手と言えばカルーアミルクです。

もちろん立派なカクテルですし、BARで飲むカルーアミルクはまた一味違います。でもあまりにベタ過ぎて嫌という場合には、同じようなミルク系のノチェロミルクがオススメです。

ノチェロというのは、クルミの風味のするリキュール。それをミルクで割るので、ナッツ風味のするミルクカクテルに仕上がります。

夏場は氷を入れたロックグラスで冷やして飲んでもOKですし、寒い季節はホットミルクを使い温めて飲んでもOK。どんな季節にも対応可能な、意外と知られていない美味しいカクテルです。

 

定番「カシスミルク」

カシスリキュールはカシスオレンジやカシスウーロンなど、居酒屋などでも接する機会の多い馴染みのあるリキュールです。

そんなカシスリキュールをミルクで割ったのがこのカシスミルク。

カクテル自体もピンク色に仕上がり見た目的にもかわいさがあります。またアルコール度数も4%ほどと低いですので、お酒に弱い女性にもオススメできます。

 

グレープフルーツとトニックウォーターで作る「スプモーニ」

カンパリとグレープフルーツジュースを同量グラスにいれ、トニックウォーターで割るカクテル。

通常は全体を混ぜ合わせて、ほんのりとした赤~ピンクに仕上げますが、お店によってはカンパリとグレープフルーツジュースを二層にして仕上げるところもあります。

アルコール度数も低く、グレープフルーツとトニックウォーターの働きで、とても飲みやすいカクテルといえるでしょう。

 

初心者向けのカクテル「キティ&シャンディガフ」

どちらも似た系統なので、一度に2つのカクテルをまとめて紹介します。

キティは赤ワインをジンジャーエールで割ったカクテル。シャンディガフはビールをジンジャーエールで割ったカクテルです。

両方とも普段から飲み慣れているであろうお酒を、さらにジンジャーエールで割るので非常に飲みやすくなります。

BARに並ぶような洋酒を飲みなれていない人にとっては、入り口として最適。アルコール度数も低く、元となる赤ワインやビールを飲める人はもちろん、少しキツイと感じる人も楽しめてしまうカクテルです。

 

切れ味鋭い情熱の赤「ジャックローズ」

カルヴァドスをベースにライムジュース、グレナデンシロップを加えシェイクして作るカクテルです。

カルヴァドスとはリンゴ生まれのブランデーで、レシピによってはライムではなくレモンジュースを使う場合もあります。いずれにしても出来上がったカクテルは、情熱的な赤に染め上がります。

これまでに紹介したカクテルが、どちらかと言えばカワイイ系のカクテルとするならば、こちらは切れ味鋭い美人系カクテル。

仕事がバリバリ出来て頭の回転も抜群な女性が、ジャックローズを楽しむなんていうのは、ドラマのワンシーンのような美しさです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です