品種が違えば風味が違う!?白ワイン用のブドウの種類と特徴!?

世界的に名の通っている白ワイン向けの品種は3種類あります。

  • 「シャルドネ」どんな環境でも一定の結果を残す!変化自在の品種
  • 「リースリング」理解しやすい美味しさ!ただ環境が合わないと真の姿を見せない
  • 「ソーヴィニヨン・ブラン」熟成をさせても変化は生まれず、フレッシュさを楽しむ

この3つの品種が有名な白ワインの品種です。これに加えて我らが日本の白ワイン用品種、「甲州」が一般によく知られています。

  • 「甲州」和食との相性が良い!栽培技術の向上が進み多様性を持つ

これら4つの品種の特徴について考察していきましょう!

さてさて、あなたの好みはどの品種でしょうか?

白ワインの代表「シャルドネ」!安定性と品質の高さからトップを走る

まず最初は白ワインの代表選手!!シャルドネからいってみましょう!

白ワインの品種の中で、最も有名で世界中で栽培されている品種こそシャルドネです。ワイン売り場で見かけたり、もしくはレストランのワインリストでも、おそらく最も多く見かけます。

平均点が高く変幻自在なのが魅力

シャルドネというブドウの味や香りの特徴は?と聞かれて、即座に答えられる人はおそらくいないでしょう。

なぜならば、産地によりあまりに性格が異なってくるからです。

そのため、一度シャルドネを飲んで美味しいと思ったからといって、次に別のシャルドネを飲むと、全く別物に思えることもあります。それゆえ、桁を間違えているのではないかと思うような高級ワインにも使われれば、ワンコイン以下の手軽なワインにも変身します。

ただ手ごろすぎる価格のものであっても、大ハズレということはありません。どんなつくり方をしても、一定ライン以上の味と香りになる。そんな平均点の高さが、包括的にみたシャルドネの特徴です。

シャルドネに重要なのは?

環境により大きく味を変えるシャルドネ。味の構成に最も大きく影響するのは気温です。

冷涼な気候の場合酸味が強く、青リンゴのような鋭い引き締まった感覚の香りとなります。一方で温暖な気候になればなるほど、フルーティーさが増しパイナップルやマンゴーのような甘いふくよかな香りを感じさせてくれます。

つまりシャルドネからつくられたワインを飲む際に、香りをかいだだけで、そのワインがどんな気候条件でつくられたかを判断できるとのです。

産地別により詳しく見て行くと、冷涼なシャブリはレモンや火打石のような鋭い香りになります。一方で温暖なカリフォルニアでは、パパイヤのようなトロピカルフルーツの香りに。土壌も痩せた土地ではミネラル感あふれる鋭さがありますが、肥沃な土地では豊かで肉付きのよい味わいとなるのです。

樽が与える影響も大

シャルドネ自体が自身の個性を前面に押し出してくるタイプでないことは、これまでの説明で把握できたかと思います、

そんな存在だからこそ、熟成に使われる樽の影響も大きく受けることとなります。

シャルドネはかつては古樽もしくは大樽での熟成がメインでした。しかし1960年代にはいると、樽を一切使わずにステンレスタンクのみを使用し、クリアなワインをつくる醸造家も誕生します。

さらに通常は発酵を終えたワインを樽に移し熟成させますが、熟成自体を樽の中で行なうバトナージュという技法もあります。このバトナージュを行なうと、ワイン自体にふくよかさが生まれ、香りもトロピカルフルーツを思わせる、むせ返るような芳香となります。

料理とはあわせやすいワイン

シャルドネは様々な価格帯のワインで使用されるブドウ品種です。

毎日の家飲みにも最適なデイリーワインでも、多く見かける品種となっています。

1000円以下のシャルドネの場合、産地はニューワールドのものが殆ど。そのため多くが鋭さや切れ味という引き締まった味わいではありません。たっぷりの日を浴びて温暖な気候で育ったことを思わせる、よりフルーティーな味わいになります。

このような味わいのワインは、日常生活で楽しむ料理とは絶妙の相性を見せてくれます。揚げ物や焼き魚、焼鳥はもちろん。グラタンやシチューといった寒い冬にピッタリな料理とも相性抜群です。

反対にこれらの料理に、あまりに高級すぎるシャルドネを合わせると、主張が強すぎて料理との相性を壊してしまいます。ブルゴーニュの第一級の畑から作られた高級白ワインを楽しむならば、料理もそれなりの格のものを用意しなくてはマリアージュを楽しめません。

ワインの世界にはテロワールという言葉があります。分かりやすくいえば、環境や土地柄が反映された味わいのことですが、それを理解するのにシャルドネは最適な存在です。
色々な産地のシャルドネを試し、気候がワインに与える影響を体感してみてはいかがでしょうか?

 

絶対に外さない白ワイン品種リースリング

白ワイン用のブドウ品種で、安定性と品質の高さからトップを走るのがシャルドネです。

ではそれに対抗できる品種は?と聞かれれば、リースリングをあげなくてはなりません!

ただ、このリースリングが実力を発揮できる条件は限られています。

理解しやすい美味しさ

レストランでリースリングと書かれたワインを注文しましょう。

殆どのケースで、一口飲んだだけで「美味しい!」となるはずです。ワインと言うのは、色々と過去の経験やもしくは知識を引き出して、あれこれと頭の中で解釈して美味しいとなりがちです。

しかしリースリングの場合は、例えその日が初のワインという人でも理解できる、分かりやすい美味しさがあります。香りも桃や梨のようなフルーティーな香りがあり、どこと無く甘みが漂い非常に分かりやすい、いい香りがします。

栽培面での気難しさ

味わい的には、誰にでも理解しやすい品種ということは理解できました。

ただ、そのような味わいを生み出せる栽培環境はかなり限られています。求められるのは冷涼な気候と痩せた土地。そのため主要な産地はドイツ。もしくはドイツとの国境近くにあるフランスのアルザスとなっています。

ニューワールドでもリースリングは栽培されているのですが、分かりやすい美味しさはあるものの、奥深さや多層的な味わいはありません。

世界の中でも、リースリングの本当の実力を引き出せる場所はかなり限られています。

赤ワインの品種に例えるならば、どんな環境でも一定の結果を残すカベルネソーヴィニヨン的存在がシャルドネ。

一方で環境が合わないと真の姿を見せないピノ・ノワールにあたる白ワイン品種がリースリングということが出来るでしょう。

 

ワインの名前もリースリング

通常ワインの名前には、ワインを製造したシャトーの名や、それぞれの思いをこめて付けた名前が使われます。しかしリースリングのワインは、ワインの名前もリースリングです。

ようはブドウ品種をそのまま名乗っているかのような状態です。実はこれリースリングの本場であるドイツの命名方式に従ったもの。もちろん単純にリースリングだけでなく、畑の格付けなどのプラスアルファの要素が前後に付きます。ただそれでもリースリングの文字は入っているはずです。

面白いことに、この傾向はドイツだけにとどまらずアルザス地方やその他の地域にも伝播しているのです。

食べものとの相性は?

手ごろな価格帯のものは別として、よいリースリングになればなるほど、気高さともいえる高貴さが漂います。

そのため合わせる料理や食材も、ある程度の格のものを用意した方が両者のよさを引き出します。例えば鯛やヒラメといった高級白身魚のポワレ。もしくは塩焼き。

またアルザスはかつてフランス国内でも有名なフォアグラの産地として知られていました。そのため、ご当地の方々はリースリングとフォアグラを合わせて楽しんでいます。すごくリッチな話ですね(笑)

さらに甲殻類のなかでも蟹とリースリングの相性は、天が与えた奇跡とまで評価されています。

リースリングは初心者でも理解しやすい美味しさが特徴です。そのため、一部のワイン上級者は分かりやすさを敬遠しがち。
しかし、リースリングは唯一シャルドネに対抗しうる、素晴らしい品種です。レストランでの白ワイン選びに迷ったら、是非リースリングを指名してください。絶対に失敗しないはずです。

 

熟成を期待するよりもフレッシュさを楽しむ「ソーヴィニヨン・ブラン」

三大白ワイン品種の一角を占めるソーヴィニヨン・ブラン。

爽やかな香りが魅力であり、熟成を期待するよりも若々しいフレッシュさを楽しむワインです。
熟成をさせても劇的な変化は生まれず、むしろ魅力である爽やかさを失い枯れた印象すら持ってしまいます。
料理で合わせるならば、ハーブ系の料理との相性が抜群。鶏肉の香草焼きやハーブソースで食べる魚のポワレやカルパッチョなどとは絶妙の取り合わせです。

フランスはもちろんニューワールドでも栽培され、魅力的なワインを次々と生み出しています。

爽やか系の代表格

ソーヴィニヨン・ブランを語る上で、誰しもが真っ先にあげる特長は香りです。森の香り。大草原の香り。柑橘類の香り。など表現は様々ですが、とにかく爽快さや爽やかさを連想させる香りであることは間違いありません。

気候により冷涼なところはライムの香り、温暖なところになればオレンジの香りと変化を遂げますが、それでも柑橘系の爽やかさは失いません。こってりとした重厚感というよりは、身軽で軽快な爽やか系イケメンを思わせるワインといえるでしょう。

ニューワールドからの下克上

ソーヴィニヨン・ブランはワイン王国のフランスで栽培されている品種です。

主な産地はボルドー地方やロワール地方。ロワールならばサンセールやプイィ・フュメが代表的な産地でソーヴィニヨン・ブランの代名詞ともいえます。ボルドーも有名な産地ではありますが、ここではセミヨンやミュスカデといった品種を混ぜワインづくりが行なわれます。

どちらも古くから評価される産地でしたが、このブドウの評価が上がったのは、フランスではなくニューワールドと呼ばれる産地がきっかけでした。

先陣を切ったのはカリフォルニア。そこで生み出されたソーヴィニヨン・ブラン単独で作ったワインは瞬く間に世界中のワイン愛好家から高い評価を受けます。これをきっかけに、世界中の産地でソーヴィニヨン・ブランを使ったワインづくりが拡大していきました。

なかでもニュージーランドは気候的にブドウと合っていたのか、次々と素晴らしいワインを産出。フランスを凌駕するソーヴィニヨン・ブランの聖地とも言える存在となったのです。

香りを生かす栽培方法

香りが最大の特徴であるソーヴィニヨン・ブラン。熟成の度合いによっても当然ながら香りは変化していきます。

通常ブドウは、収穫時期を決めたならば短期決戦で一気に収穫を行います。これは収穫時に雨が降るとブドウに含まれる水分が多くなり、完成したワインが水っぽくなるのを嫌うからです。

しかし元々降水量の少ないニューワールドの場合、あえて収穫時期に幅を持たせ、未熟なものから過熟のものまでを使用するケースがあります。当然、このような製法から生まれるものは、本来では得られない多層的で魅力的な香りを持っており、この品種の新たな可能性を感じさせてくれます。

チオールってなに?

ソーヴィニヨン・ブランを学ぶと、時折チオールという言葉に出くわします。

「チオール由来の香り」とか「チオールをいかしたワインづくり」など使い方も様々。

このチオールというのは、アルコールと硫黄が結合した成分。研究によりこのチオールに由来する、ツゲの若葉やトロピカルフルーツ系の香りを、ソーヴィニヨン・ブランが持っていることが判明しました。

ただチオールは銅に弱く、銅に触れると瞬く間にその香りが消滅してしまいます。ブドウの栽培には病気を防ぐため、大昔から硫酸銅と消石灰を混ぜたボルドー液という消毒剤が使われてきました。当然これを使うと銅の成分が入っているため、チオールは消えてしまいます。

そのためチオール由来の香りを生かすためには、ボルドー液以外の薬剤を使った栽培をしなくてはなりません。このような栽培方法から生まれたものが、チオール由来の香りを生かしたワインなのです。

熟成よりはフレッシュさを楽しむ

爽やかな香りが魅力のソーヴィニヨン・ブランは熟成を期待するよりも、若々しいフレッシュさを楽しむべきです。

熟成をさせても劇的な変化は生まれず、むしろ魅力である爽やかさを失い枯れた印象すら持ってしまいます。

料理で合わせるならば、ハーブ系の料理との相性が抜群。鶏肉の香草焼きやハーブソースで食べる魚のポワレやカルパッチョなどとは絶妙の取り合わせです。ソーヴィニヨン・ブランの爽やかさは、夏の季節には最高です。しっかり冷やし香草系の料理と共に楽しむと、真夏の暑さも魅力的に思えてしまうほど。是非お試しください!

 

日本から世界へ!甲州ワイン

ワイン用のブドウ品種は、殆どが世界共通のものです。日本でもワインづくりが行なわれていますがカベルネ・ソーヴィニヨンやメルローなど、世界的品種を使っています。

そんななかで日本固有の白ワイン用品種「甲州」を忘れるわけにはいきません。

日本はワインづくりに厳しい環境

ワインはブドウからつくられますが、使用されるのはワイン用のブドウ品種で、これは生食用のものとは基本的に別のものです。

ワインづくりに適したヨーロッパ系のブドウ品種は、カビや菌類など湿度に由来する病気に極端に弱い傾向があります。つまり高温多湿で、梅雨という雨季もある日本の環境は、それらのブドウ品種にとってはあまりに不向きな環境なのです。

だからこそ、現在でも日本のワインづくりはその点に配慮し、細心の注意をはらい何とかワインを生み出しているわけです。

自然淘汰で生き残った甲州

甲州というブドウは、ヨーロッパ系のブドウ品種です。しかも面白いことに、1186年に現在の勝沼の道端で自生しているのが偶然発見され栽培されたという言い伝えが残っています。陸続きならばまだしも、周囲を海に囲まれた日本に何故ヨーロッパ系のブドウが自生していたのかは謎です。

渡り鳥のフンに種がありそこから育ったのかもしれません。もしくは太古の昔、人の手により植えられたのかもしれません。

ただ仮に人為的に持ち込まれたとしても、環境面でブドウ栽培は上手くいかなかったはずです。それが証拠に、古代の日本の歴史をみても葡萄酒の記述はありません。

ブドウの育苗が接木や挿し木で行なわれることからも分かるとおり、ワイン用のブドウ品種は遺伝子的に不安定です。例えば同じ房のブドウの種を植えても、全く別の特徴を持ったブドウが生まれます。

最初にもたらされた種や苗木が育ち実り無数の種がまかれる。そんなサイクルと変異を繰り返すうちに日本の環境でも適応した品種が生まれ、さらに淘汰を繰り返し選ばれたのが甲州です。つまり甲州は日本の自然環境に選ばれた、ヨーロッパ系ブドウ品種といえるでしょう。

甲州からつくるワインの特徴は?

そんな甲州ですが、ワインにするには難しい品種です。粒が大きく水分をたっぷり含むため、そのまま食べるならばジューシーで美味しいのですが、ワインにすると水っぽくなります。

さらに薄紅色の皮のブドウの特徴として、醸造時に気をつけないと香りだけでなく苦味やエグさまで出てしまいます。

そのため以前は甲州からつくるワインは、甘口に仕上げられる傾向がありました。この手のワインは、ほんのりと甘くフルーティーな香りもあり、非常に飲みやすいワインです。しかし時が進み80年代に入ると、甘口ではなく堂々と甲州と向き合い辛口のワインをつくろうとする醸造家も続々と登場しました。

それらの畑では、灌漑設備を充実させ水分量をコントロールし果実に含まれる水分量そのものを減らす。もしくは、より粒の小さい甲州を選んで育苗するといった様々な試みが行なわれているのです。

その結果、近年に入り続々と切れ味鋭い辛口の甲州種を使ったワインが誕生しています。

4.世界へ羽ばたく甲州

2010年に日本のワイン業界にとり大きな出来事がありました。

それは甲州がワインの国際的審査機関であるOIVに登録されたのです。日本で栽培されている様々な固有のブドウ品種のなかで初めての登録となりました。これによりやっと甲州は国際的にワイン用のブドウ品種と認められ、他の品種と同じ土俵に立てたわけです。何を意味するかと言えば、甲州と名乗って世界中のワイン市場に輸出が可能となるということ。

和食との相性もよい甲州ワイン。数十年後に和食と共に世界中で楽しまれている日が来るかもしれません。

最近ではワイン売り場にもたくさんの甲州からつくられたワインが並んでいます。是非一本手に取り、ブドウが歩んできた歴史に思いをはせ楽しんでみてください。

 

理想のワインを見つける方法!下記の記事も参考にしてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です