徹底比較!スコッチvsバーボン :2つの違いはどこにある!?

ウイスキー初心者が最初にぶつかる疑問の一つが、「スコッチとバーボンって何?」という疑問です。

お店のお酒コーナーに行っても、同じウイスキーの棚に並んでいるのでいっそう混乱してしまいます。商品名なのか、それとも味の違いなのか!?

ウイスキー界に君臨する二大勢力スコッチとバーボンの謎に迫ります!!

そもそも前提になるウイスキーとは?

ウイスキーとは、
原材料に大麦などの穀物を使用し、樽を使って熟成させた蒸留酒のことを指します。

樽で作った蒸留酒がウイスキーなのだ

日本でよく飲まれる麦焼酎は原材料が穀物です。
ですが樽熟成をさせていないためウイスキーと名乗ることは出来ません(笑)

本当はもっと複雑ですが、ウイスキーのイメージはつかめていただけましたか?

世界5大ウイスキー

世界中でつくられているウイスキーですが、5大産地と呼ばれている場所があります。
それはスコットランド・アイルランド・アメリカ・カナダ・日本の5か国です。

生産量や味などの評価が高い5つの国のウイスキーは世界中で愛されています。

 

ここからが本題です!
さきほどの5大産地のうちのスコットランドとアメリカが、スコッチとバーボンに関係してきます。

それはズバリ!!

  • スコットランドで作られたウイスキーが【スコッチ】
  • アメリカの主にケンタッキー州で作られたウイスキーが【バーボン】

です!

 

スコッチとはどんなお酒?


ウイスキーの代名詞ともいえるスコッチですが、正確にはスコットランドでつくられたウイスキーを指す言葉です。

ただスコットランド内でつくれば全てがスコッチを名乗れるわけではありません。使用可能な原材料、熟成方法と期間、アルコール度数…などを細かく規定した法律をクリアしていないと名乗ることは許されません。

原産地呼称がゆるかった時代は適当に名前が決まってた!?
原産地呼称という考えがなかった頃には、【ウイスキー=スコッチ】のイメージから、色々な場所で作ったウイスキーに「スコッチ」の名前が使われることがありました。

ですが現在では許されていません。

スコッチは蒸留所ごとに風味が違う個性あふれる存在

ウイスキーは世界中でつくられています。その中でも作り手と飲み手、双方にとってスコッチは唯一無二といっていいほどの存在です。

それはワインの世界でフランスが特別な存在であるのと同じような感覚といっていいでしょう。そもそもスコットランドは気候や資源面でもウイスキーに最適な場所でした。

 

そんな環境でつくられるスコッチは、蒸留所ごとの信念をボトルに詰めたような個性あふれる存在です。そのため「スコッチはこんな味」と、一言でまとめることができません。多様な風味や表情をみせます。

だからこそウイスキー好きの人々は、様々なスコットランド産のウイスキーであるスコッチを飲みたくなるのです。

 

アメリカ生まれのバーボン


バーボンはアメリカでつくられるウイスキーです。

一番の違いは原材料でスコッチが主に大麦麦芽を原料にしているのに対し、バーボンはトウモロコシを原材料としています。このほかにもライ麦を主原料にする場合もあります。

原材料が異なれば味わいも当然大きく異なり、バーボンは熟成した枯れた感じではなく、若々しさやフレッシュさ、勢いのよさを感じさせる味わいになります。

バーボンとは呼ばれたくない?

バーボン蒸留所はケンタッキー州に集中しておりバーボンの聖地となっていますが、お隣のテネシー州にも少ないながら蒸留所があります。

 

製法はほぼ同じなのですが、テネシー州の蒸留所ではサトウカエデの炭を使って、完成したスピリッツを濾過するという工程があります。この差に誇りを持つテネシー州の蒸留所、例えば有名なジャック・ダニエルは「自分たちはバーボンではなく、テネシーウイスキーだ」と主張し、ラベルにもバーボンではなくテネシーウイスキーと書いています。

 

スコッチとバーボンは持ちつ持たれつの関係


ウイスキーづくりに欠かせない樽ですが、これにも大きな違いがあります。バーボンづくりでは「必ず新樽を使わなくてはならない」との規定があります。そのためウイスキーを仕込み終わる度に大量の使用済み樽が発生してしまうわけです。

 

このままだと、行き場を失った樽であふれかえってしまいますが、バーボン熟成で使った樽は、スコットランドへと行き再び樽として活用されています。

繊細な味わいのスコッチの場合、新樽を使うとあまりに木の香りが出すぎてバランスを壊してしまうため古樽を使い熟成させてきました。以前はシェリーを熟成させたあとのシェリー樽が主流でしたが、入手しやすく大量に出回るバーボン樽が現在の主流となっています。

バーボン側にとっては無駄な樽の処理が出来、スコッチ側にとっては安定して安値で大量の樽の確保が出来るという関係が成り立っているわけす。

スコッチは古樽、バーボンは新樽を使うことから、熟成期間はスコッチの方がバーボンよりも長めになります。

スコッチは樽のエキスが滲み出るのに時間がかかる代わりに様々なお酒の味わいも一緒に吸収でき、バーボンは新樽ゆえに樽のエキスを短期で吸収することが出来ます。

【ウイスキー】スコッチの特徴
  1. 生産地はスコットランド
  2. 主に大麦麦芽を原料にしている
  3. 古樽を使い風味が繊細
  4. 複雑な風味の奥に甘さを感じる
  5. 一般的な熟成期間は10年~12年
【ウイスキー】バーボンの特徴
  1. 生産地はアメリカ
  2. 主にトウモロコシを原材料、残りを大麦やライ麦など
  3. 新樽を使いストレートな風味
  4. 素直な口当たりで甘みを感じやすい
  5. 一般的に5年前後

スコッチもバーボンも世界中で愛されているウイスキーです。味わいが両者で全く異なりますので、一度は両方を試してみてお好みを見つけてみたり、気分によって選ぶようになれば、ウイスキーの世界をより楽しめるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です