初心者向け「多彩な楽しみ方が出来るラム酒」 ラムを使ったカクテルを一挙紹介!!

南国の陽気なお酒。海賊の酒。海の男の酒。こんなイメージが付きまとうのがラム酒です。ラム酒はそのまま楽しむのは勿論、カクテルのベースやお菓子作りと幅広い分野で大活躍しています。

今回はそんなラム酒の魅力に迫ってみましょう。

ラム酒ってどんなお酒?

ラム酒はカリブ海の島々や周辺諸国で作られている、サトウキビを原材料とした蒸留酒です。より正確には、砂糖を製造する際に出る副産物のモラセス(廃糖蜜)を使うものと、サトウキビの絞り汁をそのまま使用すものに分かれます。

とにかく、この地域の様々な国で作られているため、一口に「ラム」と言っても全く違う味の仕上がりになっています。

ラム酒は何色?

皆さんはラム酒というと何色をイメージするでしょうか?

濃い目の琥珀色を想像する方も多いかも知れませんが、それはダークラムと呼ばれているものになります。この他に、黄金色のゴールドラム。無色透明なホワイトラムがあり、一口にラム酒と言っても三色あるわけです。

色の違いは、何となく熟成年数の差に思えるかもしれません。

しかしホワイトラムは一旦樽熟成させ、琥珀色に変化したところで、わざわざ濾過をへて、無色にしたものが殆どです。
普通ならば熟成で生まれる琥珀色は大きな魅力のはず。

しかしカクテルに使われることの多いラムの場合、使い勝手を考え、あえて無色に戻しているのです。

Rum・Rhum・Ronどれがラム?

ラム酒のボトルを眺めると、タイトルにある3種類のうちどれかが書かれているはずです。

同じラムなのになぜ綴りが違うかと言えば、製造国の旧宗主国がどこだったのかによる表記の違いです。
それぞれ英語・フランス語・スペイン語表記となっています。

面白いことに旧宗主国がどこだったかでフレーバーも変わってきます。英語圏はスコッチのような重めの味わい。フランス語圏はブランデーのような華やかな味わい。スペイン語圏はこってりした甘みのあるセクシーな味わいと表現できるでしょう。

  • Rnm = 重めの味わい
  • Rhum =華やかな味わい
  • Ron = 甘みのあるセクシーな味わい

慣れてくれば飲む前から、そのラムがどの表記かである程度の味の傾向が判断できてしまいます。

 

どうやって飲んだら良いの?

ラム酒は40度以上のかなり強いお酒です。

他のスピリッツ同様にストレートやロックで楽しむのが一般的です。こってりとした甘さと芳香のあるラムは、ロックの方がより魅力を引き出してくれます。

有名ラムメーカーも一部の超一級品を除いては、オンザロックで飲むのを推奨しているほどです。

この他にも、ボディーのしっかりしたラムは、ソーダ割にしても美味しくいただけます。さらにトニックウォーターやジンジャーエールで割っても、とても美味しく飲めるなど、楽しみ方の自由度はかなり高くなっています。

 

あの作品にも登場したラム!ガンダムのシャアが飲んだお酒!?

ウイスキーやブランデーと比べると、同じようなポジションのラムの知名度は幾分低いかもしれません。しかし、有名なアニメやコミックにも実はラムが登場しています。

ゴルゴ13の「死の収穫」というエピソードではボリビアを訪れたゴルゴが、地元の酒場でラム・アンド・ソーダを注文するシーンが登場しています。ただこのソーダ割りは、背後から新聞を覗き込んだ男の顔にかけられ、飲むシーンは登場していません。

続いては「機動戦士ガンダム」の名シーンから。
ギレン・ザビ演説を聞きながら、とある酒場グラスを傾けるシャアが「坊やだからさ」と呟くシーン。ガンダムファンでなくても知っているであろう、この有名な場面でシャアが飲んでいたのも、実はラム酒なのです。

コミック版では「LA MAUNY(ラ・マニー)」という銘柄までしっかりと読み取ることが出来ます。このラ・マニーは、実在するマルティニーク島産のラムです!

現在でも入手可能で、ごく普通に流通していますのでシャアの気分でグラスを傾けることが出来てしまうわけです。

 

一口にラムといっても、全てを統括するような厳しい規定がないのが現状です。
しかしそれゆえ、実に多彩な味わいのものが登場し楽しませてくれます。ラムの産地は中米やカリブ海諸国。ラムを飲むことで、普段は全く接点のなかった国に思いを馳せるなんてのも、素敵な楽しみ方ではないでしょうか。

 

真夏から真冬まで!ラムベースカクテルの世界

様々なお酒を混ぜ合わせて作るカクテルの世界。

その中でもラム酒は、ベースのお酒として実に多彩なカクテルを支え大活躍をしています。
今回は、暑い季節も寒い季節にもピッタリな、ラムベースのカクテルをご紹介します。

ダイキリ

ラムをベースに、ライムもしくはレモンジュース、砂糖をシェイクして作る白色のカクテル。

酸味と甘さのバランスが最大のポイントですが、これが難しくバーテンダーの技量を見るのに最適なカクテルともされています。このダイキリを氷と共にミキサーにかけたのが「フローズンダイキリ」で、こちらは夏の暑い季節に最適。

ちなみに文豪ヘミングウェイもフローズンダイキリを愛飲しており、砂糖を入れないタイプのものを17杯も飲んでいたといいます。
現在このタイプのダイキリは「パパ・ダイキリ」の呼び名で知られています。

 

モヒート


ここ数年、日本で人気急上昇中の大注目カクテル。

グラスの中でミントと砂糖をライム果汁と共に潰し、その後でクラッシュアイスを追加。仕上げにラムをいれ少量の炭酸を加えるというのが作り方です。
ミントの清涼感があり、飲むと口の中が涼しくなる効果があるため、暑さの厳しい夏にはピッタリな一杯。

最近はラムメーカー各社が、ウイスキーのハイボールよろしく、ラムの消費拡大のために必死にモヒートをプッシュしています。通常は透明なホワイトラムを使いますが、お店によっては濃厚なダームラムを使うバージョンもあったりと、楽しみはつきません。

 

キューバ・リバー

ラムをコーラで割ったカクテル。

元々はキューバの独立を祝って誕生したもので、キューバ独立を支援したアメリカ生まれのコーラと、キューバの名産ラムを合わせたものです。キューバリバーは英語読みで、この他に「クバ・リブレ」や「キューバ・リブレ」などとも呼ばれますし、単純にラムコークとも呼ばれます。

味わいはコーラの甘みと香りの奥に、ラムの甘い香りが漂う感覚。甘さのお陰で、殆どアルコールを感じずに飲めてしまうような、爽快さがあります。

 

ラムバック

ラムをジンジャーエールで割ったカクテルです。お好みでレモンを絞ってもいいですし、ライムを絞ってもOK。

ジンジャーエールの風味でかなり飲みやすくなっており、そこに柑橘系を絞ればさらに爽やかさが増しグビグビ飲めるカクテル。

BARなどでもいいですが、野外でのバーベキューやパーティーなど開放的な雰囲気を楽しみたいときには、まさにピッタリです。特別なテクニックは不要ですし、用意する材料も少ないですので、家飲みカクテルとしても重宝します。

 

バカルディカクテル

コウモリマークでお馴染みのラム「バカルディ」を使ったカクテル。

バカルディのホワイトラムにライムジュース、グレナデンシロップを加えて作るため、仕上がりはピンク色になります。

その名の通りバカルディ以外のラムを使うと、このカクテルは成立しません。それは1936年にニューヨーク州高位裁判所が下した「バカルディ社のラムを使わないと、バカルディカクテルではない」との判例にも表れています。

 

ホット・バタード・ラム

ダークラムと無塩バター、砂糖をカップに入れ、お湯を注いだホットカクテル。

シナモンやナツメグ、クローブなどのスパイスを添えることもあります。欧米では寒い季節の風邪予防や、ウインタースポーツを観戦する際の必需品として、古くから愛飲されています。

BARなどでは、事前にバターと砂糖、さらに各種スパイスを混ぜ合わせた、店オリジナルのプレミックスバターを作っているところもあります。いずれにしても、身体も芯から冷えるような寒い季節に飲むホット・バタード・ラムは、身体を中から温めてくれる貴重な存在です。

 

代表的なラムベースのカクテルを紹介しました。もちろん、カクテルは組み合わせにより無数にありますので、今回取り上げられなかったカクテルもたくさんあります。
是非様々なカクテルに挑み、お好みの味を見つけてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です