高級だと音質が良いって本当?低価格イヤホンとの違いを比較

イヤホンにも高級なものから低価格なものまで様々です。

高級イヤホンと呼ばれるものは、安価なイヤホンと何が違うのでしょうか?

高級イヤホンは低価格なイヤホンと何が違うのか?

高級イヤホンと一概に言っても、一体どのくらいの価格からそのように呼ばれるようになるのでしょうか?

家電量販店で販売されている一般的なイヤホンは数千円程度。一方高級なイヤホンというのは1〜3万円程度のものを指します。まず高級なイヤホンは価格から違ってきますが、イヤホンの構造も大きく変わってきます。

 

イヤホンはドライバーユニットという小さな機器が組み込まれており、ドライバーユニットが振動し私たちの耳に音を届けています。高級イヤホンはドライバーの性能が良くなり、さらには装着感も向上します。

それに加えて見た目の材質も高級感を帯びてきて、視覚でも安価なイヤホンとの違いを感じることが出来るはずです。

 

高価なイヤフォンは細かい音が良く聞え、安物だと音が混ざり聞きづらい

高級イヤホンは音の再現性・解像度の高さ、そして原音を忠実に聞かせることの出来るドライバユニットを搭載しています。高音・中音・低音をバランス良く表現出来るところが、安価なイヤホンとの違いになります。

 

実際にイヤホンによる音質の違いが良く分からないという方でも、良いイヤホンで実際に聴き比べてみると違いが分かります。音の広がりや感覚的な解像度、また外部からの音に対しても遮音性が優れているので、高級イヤホンは全体的なレベルが1ランク違う優れたものになります。

高価なイヤフォンは細かい音が良く聞えるのですが、安物だと音が混ざって聞き分けづらい。

カズックス
ロックやポップスを聞いているぶんには安物でも大きな違いは分かりにくい。 高級なイヤホンは音の解像度が違うから、逆に音の線が細く聞こえてしまうこともあります。

繊細な生楽器の演奏を効いたら違いが分かりやすいです。

イヤピースや音源の圧縮形式で音質が変わる

仮に高級なイヤホンを手にいれたからといって、必ずしも良い音になるのかというとそれは違います。

良いイヤホンは基本的な性能は安価なものに比べて優れています。ですが――ほかにも音質向上と関係の深いものがあります。

元々の音源、圧縮されたデータは音質が悪い

例えばスマホ等で音楽を聴くときは、MP3など圧縮されたデータを再生していることもあります。データの圧縮の形式の種類により元々あった音が失われます。こうなってしまえば、いくら高級イヤホンとはいえ音質を引き上げることはありません。

カズックス
どんな音楽を再生するかによって選ぶイヤフォンは変わるよ。

高いイヤフォンは音の解像度が違うから、ハイレゾ音源だと違いが分かりやすい。ストリーム再生の音楽だと圧縮されてるから違いが分かりにくい。

付属のイヤーピースではなくいろいろ試してみるのも面白い

またカナル型など耳の奥まではめ込むタイプのイヤホンは、イヤーピースも音質に大きく関係します。

たとえ低価格なイヤホンでもイヤーピースを変えたら音が変わった、なんてこともよく言われます。イヤーピースを選ぶ時は自分の耳にあったイヤピースを選ぶこと、そうすれば音質をアップさせることが出来るでしょう。

 

自分にあったイヤホンを選ぶには視聴が重要

今はイヤホン全体で音質が底上げされて良くなっているので、¥3000くらいのイヤホンでも、100~¥1000のイヤホンと比較した時にグッと良くなるのが分かります。

しかし更にその上の、どうせなら音楽を快適に良い音で日々聞きたいという方。

 

そのような欲求を満たすなら、今回説明したように1~3万円のイヤホンを選んでみて下さい。自分にあったイヤホンを選ぶベストな方法は、沢山視聴してみること。

そうすればイヤホンを選ぶ耳が、どんどん肥えていきますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です