最近よく耳にする「Chrome Cast」って何?

l_22021414_002

最近、「キャストしよう!」とテレビのCMやYouTubeの広告でよく流れる「Chrome Cast」あれって何? と感じる人は多いのではないでしょうか?

今回はそのChrome castという物は何なのか? それは何ができてどこまでできるのかについて書いていきたいと思います。

 

簡単に言ってしまえばスマホに映っているものをテレビに映そうということ。

既に小見出しで言ってしまっているのですが、簡単に言ってしまうと、「スマホやタブレット・PCに映っている物をテレビに映してみんなで楽しもう」という端末です。

今さらりと「端末」と言ってしまいましたが、これはテレビの「HDMI端子」に接続できるスティックのような物で、これを使うことでスマホやタブレット、PCの画面をテレビに映すことができるのです。

 

どんな風に使えるの?

ではまず、このChrome Castではどのような事ができるのかということを簡単に書いていきたいと思います。

 

・YouTubeをテレビで見る。

やはりスマホの画面でみるYouTubeと、テレビの大画面で見るYouTubeでは迫力が全くもって違います。

また、テレビにYouTubeが映るということで、スマホだと「これが見たい」といって普通はみるものの、リラックスしてじっくりみるという新しい見方が生まれます。(実況動画など)

 

そしてリビングに置けば家族でYouTubeの話題が出た時などにみんなで観るという使い方もできますし、あったらこれだけでも普通に置きたくなってしまいます。

 

・YouTube以外のネット動画を観る

Hulu, dアニメストアなどスマホアプリの一部はChrome Castに標準対応していますので、動画再生画面等でキャストボタンを押すことで、ストリーミングすることができます。

 

・その他のネット動画、スマホ・PCの画面をそのまま映す。(Android/PC限定)

これは、Android/PC限定なのですが、自分が見ている画面をそのままテレビの大画面に映すことができます。

この機能を使えば、YouTube以外の動画をテレビの大画面で観たり、自分がゲームしている画面をみんなに見せたり、パソコンとつなげてプレゼンに使ったりなどと様々な用途で使うことができます。

 

なんか難しそう…

ここまで聞くと「便利なんだろうけど、設定がめんどくさそうだな。」と感じている人が現れると思いますが、そんなことはありません。

設定はかなりシンプルな3ステップです。

 

「さして、つなげて、たのしむ」

Google打ち出したキャッチフレーズのようなものですが、でも本当に難しくはありません。

スマホをWiFiにつなげるような要領でやっていけば慣れている人なら5分で終わってしまいます。

 

一応具体的な説明を書いておきますと…

  • Chrome Castに電源を供給するための「Micro USB」ケーブルとそのUSBの先端をACアダプタに接続する。
  • テレビのHDMI端子に挿す。
  • テレビの入力切替をChrome Castを挿した場所に切り替えてスマホとクロームキャストを画面の指示に従って接続、WiFiにつなぐための設定をする。
  • そして楽しむ!

これで、おしまいです。

さすがにGoogleの3ステップほど簡単にはいきませんが、本当にこれだけです。

後は家に帰ってきてスマホが家のWiFiにつながったら勝手にキャストボタンが現れるので、特に意識をせずに、「あ、今日はテレビに映してみようかな?」というレベルで使うことができます。

 

ここまで聞いてあれって思った人は詳しい人だと思います。

ここまでの話を聞いて「あれっ」と疑問に感じる人がいたらそれはこの分野に詳しい人だと思います。そうです。 先程からも書いているのですが、これは、「スマホの画面をそのままテレビに映す端末」ではないのです。

実はここで出てくるスマホやPCは、Chrome Castからみて基本的にはリモコンであり、動画などがスマホやPCを経由することはありません。

スマホやPCから「この番組みたいです」とChrome Castに伝え、それをWiFi経由でインターネットから直接ストリーミングしているのです。

だから本来はスマホの画面をそのまま映すという用途で作られたものではなく、本質的にはApple TVなどと大きく違う所でもあるのです。

 

それでも、AndroidとPC版においては、「画面のキャスト」といって先ほど書いたとおり、スマホ/PCの画面をそのままテレビに映すことができるようになっています。

 

最後に

Chrome Castはとても便利な端末です。

先ほど言った、標準でキャストできるアプリというものはアプリ開発者であればだれでも作れるように「開発キット(SDK)」という説明書のようなものが公開されています。

それにより、開発者が自由に対応アプリを作れるので、探せばiPhoneからニコニコ動画などといった公式対応されていない配信サイトでもiPhoneからChrome Castにストリーミングできるアプリが見つかったりします。

 

また、プロジェクターやモバイルルータと併用して持ち運ぶことで、無線でプレゼンテーションを実現したり、すぐに動画を多くの人に見せたりなど様々な使い方ができます。

 

そのように、発想次第で様々な使い方を生み出すことができ、そして開発者によってこれからも進化していくであろうChrome Cast。

 

値段は4536円(2015年7月現在のAmazon)という手頃な価格設定ですので、ぜひお家に1台つけてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ

  1. imasia_2763457_S

    2015-7-22

    都市伝説「富士山」の真実!?これが富士樹海の本当の姿だ!

  2. pixta_1756449_S

    2015-9-12

    メソポタミア文明まで遡る印鑑!?日本ではサインの代わりに印鑑を使う理由とは!!

  3. 部屋を綺麗に掃除!

    2015-4-30

    一人暮らし男性の散らかった部屋を掃除する3点のコツ

  4. Sumo. Hand drawn vector in calligraphic style (converted)

    2015-10-29

    伝統を創造するってどういうこと?インドのカースト制度と日本の相撲!?

ページ上部へ戻る