まさか!トリートメントやリンスが抜け毛の原因に?

ba57b9ec1430a7cf9f66cb0227e6c282_s

薄毛対策としてシャンプーの選び方が重要であることはもはや常識といってもいいでしょう。しかし髪の毛を補修・保護するトリートメントやリンスなどでも使い方によってはあまり効果を得られなかったり、薄毛の原因になってしまうことがあるのをご存知でしょうか。

今回はそんなトリートメント・リンスの使い方や、なぜ薄毛の原因となるのかをまとめます。

トリートメント、リンスとはどんなものか

トリートメント

トリートメントとはおもに髪の毛の内部を補修するためのものをいいます。カラーやパーマなどで傷んだ髪を補修したり、枝毛を予防するためにうるおいを与えたりするためのものです。

リンス

リンスは髪の毛の表面をコーティングするためのものになります。コーティングすることでうるおい成分が漏れ出るのを予防したり、髪の毛をさらさらした手触りにしてくれます。

コンディショナー

昔はコンディショナーなんてなかったのですが、最近ではコンディショナーが主流になってきている人もいるのではないでしょうか。

コンディショナーとはトリートメントとリンスの効果を合わせたようなものになります。

 

トリートメントとリンスの使い方

リンスは髪の毛の表面をコーティングする役割があるので、リンスの後にトリートメントをしてもトリートメント成分が髪にうまく浸透しません。

まずはトリートメントでしっかり補修して、リンスでコーティングしてあげましょう。

髪のうるおいがたりないとバサバサな髪の毛になり、細くなって切れ毛の原因になります。

 

正しくつかっても薄毛の原因になるのか

とくにリンスにはシリコンとよばれる成分が含まれていることがほとんどです。このシリコンが髪の毛の溝などに入り込んだり髪の毛の表面に付着することでさらさらとした髪にしてくれています。

しかしシリコンという成分は本来、髪の毛にとって必要な成分ではありません。あくまでさらさらに取り繕うだけのものです。さらさらになったからと言って本来のうるおいによるさらさらな髪の毛とはわけが違います。

シリコンは髪の毛に付けることを目的としていますが、どうしても頭皮にも付着してしまいます。シリコンはとても微小な粒なので毛根内部にも入り込んでしまいます。

そうなると、シャワーですすいでもしっかりと洗い流しにくいですし、あまりしっかりシャワーを当てすぎると髪の毛に付いたシリコンも流してしまうのであまり効果がありません。

しかし毛穴にシリコンが詰まったままだと、頭皮の新陳代謝の妨げになりますし、毛穴が詰まることで炎症を起こしたりフケの原因になることもあります。

誤解を招いてはいけないので捕捉しますが、シリコンとは必要ではない成分というだけであって、決して害があるというものではありません。要は使い方です。

 

トリートメントやリンスを薄毛の原因にしないためには

トリートメントやリンスは髪の毛につけるものであり、頭皮に付けるものではありません。

髪には有効であっても頭皮には逆効果ということもあります。

つまりトリートメントは傷んだところだけに付けるようにしましょう。そしてリンスはできるだけ髪の毛の根元にはつけないようにして、頭皮に付かないよう・残らいないようにすすぎましょう。

近年はノンシリコンという言葉をよく聞きますが、シリコンを使用しない代わりにホホバオイルや椿油などでコーティングしたり保湿したりというものが出ていますのでそれらを使用してみるのもいいでしょう。

ただし、すすぎで落ちやすいという特徴などもあるのでどんな成分がいいのか調べることも重要です。

 

まとめ

基本的なことを紹介しましたが、トリートメントやリンスを選ぶ際にはどのような添加物を使っているかなども見てみましょう。できるだけ合成着色料や合成香料などが含まれていない商品を選ぶことも大切です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

  1. ba57b9ec1430a7cf9f66cb0227e6c282_s
  2. 711b6731a1c0f67b824d598a0a4fd754_s
  3. bsE146_goodjobishi
  4. 166090
  5. sh
  6. imasia_14388156_S
  7. Woman covering her ears as partner is snoring loudly at home in bedroom
  8. imasia_12397516_S
  9. Reactive
ページ上部へ戻る