急に掃除をはじめてはダメな理由

汚部屋の掃除

年末年始や連休、そんな時に部屋を見回すと、そこは汚い汚い汚部屋だった。なんてことが良くあるのが男の部屋。

そんな休みの日に思いつくのが掃除です。いえ、滅多に掃除をすることなく、散らかり放題の部屋を掃除するのです。それは通常の掃除ではなく、大掃除と呼ぶのかもしれません。とにかく、あなたは汚部屋の掃除に取り掛かるでしょう。

よくありがちなダメな掃除の仕方

不要品は押入れの中、使うかどうか分からない物は机の中。床に散らかる本は本棚の中に戻し、ホウキで部屋をまーるく掃きます。おっと、押入れに押し込んだ不要品が、あふれ出しそうです!

不要品はシッカリ押しこみましょう。危ない危ない。

そして、あなたは部屋を見回すのです。部屋が見違えるほど綺麗になり、すがすがしい気持ちになりました!いわなくても分かると思いますが、この話はダメな例です。

元に戻っては意味がない!

上記のような掃除をしていると、皆さんも経験があるかもしれませんが、部屋が直ぐに掃除前の状態に戻ってしまいます。散らかしグセがある人の場合は特に早いです。そのもとに戻った部屋を見て、また掃除を始めるのですが・・・同じように散らかって元に戻ります。これでは家に友人を呼ぼうにも呼べませんし、家族からも文句を言われるかもしれません。

せっかく掃除をしても、部屋がきれいなのは一瞬だけ。これは本当によくあることです。掃除をしようと思っても、面倒だからと後回し。それが積もり積もって部屋が汚れていきます。

そこで部屋の掃除をするコツとしては、どうすればいいのか?

簡単です、掃除を習慣にすればいいだけです。とはいえ、そんなのが簡単にできたら苦労はしない。できてないから悩んでるんだ。その気持ち、よく分かります。

掃除習慣を身につけろ

この掃除の習慣はどのようにして身に付ければいいのでしょうか。

それは、毎日続けるというのが正解です。今日はココ、明日はアソコ、と場所を変えながら掃除をしていってください。そうすると、部屋全体が片付いてきます。不要なものを捨てると、部屋全体がスッキリとしてきます。1週間もすれば、部屋全体が見違えるほどになっているかもしれません。毎日コツコツと、少しづつ掃除をしていってください。

 

具体的な習慣化の方法は、次回で詳しく説明します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コンテンツ・テーマ

酒コンテンツ 理想の体コンテンツ アクアコンテンツ

ピックアップ

  1. Sumo. Hand drawn vector in calligraphic style (converted)

    2015-10-29

    伝統を創造するってどういうこと?インドのカースト制度と日本の相撲!?

  2. Close-up portrait of amazed guy

    2016-2-13

    混迷を深めるシリア!何故こうなった!?独裁政権と反政府勢力およびイスラム国

  3. imasia_12480253_S

    2015-10-29

    「天国に一番近い島」ニューカレドニアの暗黒史!?

  4. imasia_9903032_S

    2015-7-22

    地球上で最も過酷な場所!猛毒の砂漠「ダナキル」

ページ上部へ戻る