アクアリウムってどんなもの?アクアリウムの魅力

imasia_12795806_S

アクアリウムという言葉を一度は聞いたことがあり『なんとなくこんなものだろう』という想像もつくのではないでしょうか。以前に比べて趣味としてアクアリウムを選ぶ人口が増加傾向にあり、アクアリウムの展示などのイベントも開催されるようになっています。

今回はそんなアクアリウムがどんなものなのかご紹介します。

アクアリウムとはなに

アクアリウムとは水を張った水槽、鉢、グラス、タライ舟などで魚を飼育して鑑賞してみたり、水草やサンゴなども育成・鑑賞するものをいいます。このように幅広い種類のあるアクアリウムですが、大きく二つに分けられます。

ひとつは海水アクアリウム。もうひとつは淡水アクアリウムです。

 

海水アクアリウム

imasia_12457696_S
海水アクアリウムとは海水の環境で生活している海水魚やシュリンプ(エビ)、サンゴや水草を水槽などの飼育容器で育成・鑑賞して楽しむものです。現在ではクリオネやクラゲでも一般家庭での鑑賞が可能なレベルにまで達しています。

ただし海水アクアリウムをするには淡水アクアリウムに比べると機材も多く必要になりますし、飼育水が海水になるので、海に近い飼育水を作るための海水のモトが必要になるなど維持するためのコストもかかってきます。

しかしそれを補って余るほどの鮮やかな水景は本当に素晴らしいものです。

 

淡水アクアリウム

アクアリウム
淡水アクアリウムは古くから日本になじみ深いもので、海水アクアリウムと比べても淡水アクアリウムを趣味としてしている人の方が圧倒的に多い状況です。日本では昔から生簀や小さな池などでコイの飼育・鑑賞がされてきましたし、夏祭りでの金魚すくいから淡水アクアリウムを始める人も多いようです。また、川魚やザリガニなどの飼育も多くされています。そういった経緯が淡水アクアリウムの方が多い理由のひとつでしょう。また淡水アクアリウムは海水アクアリウムとはに比べて安価に始められ・維持できるというところも人気のひとつかもしれません。

 

アクアリウムのメリット

①アクアリウムのメリットといえばなんといっても、その美しさや迫力を眺めることができるということでしょう。しっかりと作り上げられた水草レイアウト水槽や、美しい熱帯魚・大きく迫力のある熱帯魚を鑑賞できることです。これはインテリアのひとつといっても過言ではありません。

②天候にあまり左右されず楽しめることも挙げられます。

③そして安定させたアクアリウムでは生体や水草などは長生きするので、とくに新しい魚を追加する必要もなく安く維持していくことができます。

④とくに大きな鳴き声や音が出るわけではないのでアパートでも飼育できる。といった点があります。

 

アクアリウムのデメリット

①管理不足だと苔が増えたり水の異臭がするようになります。管理できれば立派なインテリアですが管理できなければまったく逆になります。

②アクアリウムは多くも少なくも水を必要としますので周囲の水濡れのリスクがあります。コンセント類は濡れないようにしましょう。もし水槽が割れたりなどすれば水漏れどころか床一面水浸しになりますので水槽の取り扱いには充分注意しましょう。

③アクアリウムの魅力はすごいものです。そのぶんお金をつぎ込みたくなるということもよくあります。一匹数万円から数十万円する熱帯魚も珍しくありませんし、水草でも数千円から数万円する水草もあります。自分で限度をつけれないと大変なことになります。

 

まとめ

アクアリウムがどんなものなのか少しは想像できたでしょうか。淡水アクアリウムも海水アクアリウムもそれぞれの魅力があります。メリットとデメリットも踏まえた上でアクアリウムに興味を持たれたら初めてみませんか。私の友人ではアクアリウムを始めることでパチンコとゴルフをやめることができたという人もいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事一覧

  1. d31a131d22cf3129db2514b6318ebc2e_s
  2. bsNKJ56_awabukubuku
  3. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  4. a0110096_10283055
ページ上部へ戻る