金魚の飼育容器の種類と特徴

アクアリウム

金魚を飼育するために主に使われているのは水槽か金魚鉢ですが、水槽にも種類がありますし、そのどちらでもなく発泡スチロールや大きなプラスティック容器で飼育している人もいるものです。今回は金魚の飼育でよく使用されている飼育容器の種類とメリット・デメリットなどを紹介させていただきます。

金魚の飼育でもっとも多く使用されているのが水槽でしょう。透明な素材なので金魚を上からだけではなく、横や正面からも鑑賞することができます。【水槽】とひとくくりにしても一般的にはガラス製のものとアクリル製のものがあります。

ガラス製水槽

水槽の中でももっとも一般的に使用されているのがこのガラス水槽でしょう。小さな30センチ以下のものから120センチの大型のもの、それ以上のものまでいろんなサイズの水槽で広く販売されています。

ガラス水槽のメリットは大量生産されているサイズであれば安価で入手できます。そしてメンテナンスなどでガラスをこするようにして掃除をしても傷がつきにくいことです。

デメリットは割れやすいということです。破損した際にはけがをしないように気を付けましょう。また90センチ以上の水槽になってくると大人の男性であっても持ち運びが一人では困難になります。

ガラス水槽も大きく二つに大別されます。

○縁ありガラス水槽

○オールガラス水槽

アクリル製水槽

アクリル製の水槽は小型の水槽ではほとんど見かけることはありません。アクリル製の水槽は90センチ以上から選ばれるのが一般的なようです。

アクリル水槽のメリットは、まず軽いことでしょう。ガラス水槽の90センチではなかなかの重さがありますが、アクリル製水槽だと軽々と片手で持つことができるほどです。また、一般的ではありませんが、水槽を加工したいときにも加工しやすい点があります。そしてガラス水槽に比べるとぶつけても割れることがなく、欠けてしまうこともほとんどありません。

デメリットはとても傷がつきやすいことです。ガラスのようなメンテナンスをしていてはすぐに傷がついてしまって鑑賞価値を損ねてしまいます。

○アクリル製水槽

金魚鉢・睡蓮蜂

○金魚鉢

○睡蓮鉢

金魚が飼育され始めた時は金魚は上から鑑賞するものがほとんどで、陶器での金魚鉢での飼育が一般的でしたが、水槽の普及で横から鑑賞する機会がふえてきたり、エアポンプや濾過器の需要が出てきたため金魚鉢での飼育は一般的ではなくなってきました。

金魚鉢のメリットは濾過器やエアレーションなどの機材を使用することなく飼育するので見た目もすっきりしています。機材の音がしないのも静かでいいでしょう。また水換えだけで金魚を飼育できるというのは飼育の手間が省けるようで魅力的です。

デメリットは金魚鉢での飼育は可能ですが、管理によっては長期飼育が難しく、濾過器や照明、エアレーションなどを併用するのは一般的ではありません。よほど金魚飼育を熟知していなければ長期飼育は難しいでしょう。

その他の飼育容器タライ船や発泡スチロール容器

タライ船や発泡スチロール容器は上からの鑑賞しかできず、容器自体も観賞価値はないものがほとんどなので、どちらかというと鑑賞用よりも繁殖用に使用されることがほとんどです。

○タライ船

○発泡スチロール容器

メリットは観賞用で使用することがほとんどないので金魚は人と接する機会がすくなくストレスが少なくなります。もちろん頻回に手入れをしていれば話は別です。また大きく安価なものが多いので繁殖用た大量に飼育したい場合には適しています。また、野外での飼育では水温の変化が大きいので、発泡スチロール容器では水温の変化を少なくすることができます。

デメリットはやはり観賞しにくいことです。しかし観賞用で使用しなければとくにデメリットはないといえるでしょう。

まとめ

こうやってまとめてみると、観賞用で長期飼育したいのであればやはり水槽がもっとも適しているようです。水槽の飼育でアクアリウムの知識を付けて、いずれは金魚鉢や睡蓮鉢などでの飼育をしてみるのもいいかもしれません。いずれにしても自分のやりたい飼育スタイルに合わせた飼育容器を選ぶことがもっとも重

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事一覧

  1. d31a131d22cf3129db2514b6318ebc2e_s
  2. bsNKJ56_awabukubuku
  3. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  4. a0110096_10283055
ページ上部へ戻る