金魚飼育のエアレーションと水温について

bsNKJ56_awabukubuku

もともと金魚の飼育が中国で始まったときは陶器などの金魚鉢で行われており、もちろんヒーターもなければエアレーションも使っていませんでした。

その環境で長期飼育できていたのかは不明ですが、現在では水槽で濾過器やエアレーション、ヒーターなどの器材のそろった水槽での長期飼育が一般的となってきました。今回は金魚飼育のエアレーションと水温の調整についてまとめます。

 

金魚にはエアレーションが必要?

もともと水には酸素が溶け込んでいるので、エアレーションをしなくても金魚は酸素を取り込みながら生きていくことができます。しかし体格の大きな金魚だと、酸素の消費量も多くすぐに水に含まれている酸素は少なくなってしまいます。

また、水換えをすることで酸素を含んだ水が増え、金魚の呼吸が楽になります。もし頻回に水換えをすることができるのであれば、エアレーションはなくてもいいといえるでしょう。しかし、そんなに金魚のために時間を使える人はなかなかいないません。

酸素が少なくなると金魚は水面に口を出して空気を取り込むようになりますが、これは好ましい状況ではありません。毎日水換えをできないのであれば、エアレーションがあったほうが金魚にとってはいいといえるでしょう。

 

水の酸素の量は水温で違ってくる

水に含まれる酸素の量は常に一定というわけではありません。じつは水温が高ければ高いほど酸素が溶け込む量は少ないのです。つまりエアレーションをしないのであれば、冬は一日一回の水換えでいいかもしれませんが、夏場は二回の水換えが必要になるかもしれません。

私はエアレーションをしない金魚飼育に二度も失敗しているので、残念ながらその水換えの頻度については詳しくわかりません。

 

エアレーションまとめ

○もともと水には酸素が溶け込んでいるので水換えだけで酸素の供給は可能。

○水換えを頻回にできないのであればエアレーションは必須。

○水温が高いと酸素が溶け込む量が少ないので注意。

○水面で口をパクパクさせているのであれば環境改善が必要。

 

金魚と水温について

金魚は5度程度の水温でも生きることはできますが、皮膚トラブルの原因になったり、冬眠してエサを食べなくなるといわれています。

金魚が活動的に生活できる水温は15度から27~28度程度だといわれています。夏場など水温が上がって30度以上になることもありますが、それでも金魚は生きていけますが、好ましい状況ではありません。酸素の量も普段より少なくなることでしょう。

 

金魚水槽にヒーターは入れるべきか

金魚水槽にヒーターを入れるべきかについては意見が分かれています。もちろん水温が下がりすぎなければ、入れようが入れまいが金魚は生きていくことが可能です。

金魚も四季を感じているという意見もあり、水温の変化を感じることで健康的に生活して長生きさせることができる、強くなるということが言われています。

しかし、全く逆でヒーターをいれて一定の温度で飼育したほうが体調に変化をきたさないのでヒーターを入れたほうが金魚の飼育に適しているという意見もあるのです。

 

水温まとめ

金魚は熱帯魚などに比べるととても丈夫な種類なので、慣れた環境であればある程度の水温の変化やその他の水質の変化には耐えることができます。水換えができない限りはエアレーションは基本的には必須ですが、ヒーターは設置しようが設置しまいが基本的には金魚の飼育は可能です。飼育どころか、ヒーターの有無に関係なく繁殖も可能なほどです。

 

まとめ

私はエアレーションなしの飼育で失敗しているのでエアレーションは必須ですが、ヒーターは使用していません。もし水槽を並べて置ける余裕があるのであれば、水槽を二つ準備してヒーターあり・なしで飼育をして比べてみるのも面白いかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事一覧

  1. d31a131d22cf3129db2514b6318ebc2e_s
  2. bsNKJ56_awabukubuku
  3. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  4. a0110096_10283055
ページ上部へ戻る