海水魚の飼育!うまく混泳させるために気をつけたいこと

Symphysodon discus

魚は自分の縄張りを主張する生き物です。相性の合わない魚を混泳させてしまうと喧嘩やイジメが起こってしまいます。特に小さな水槽では注意が必要です。うまく混泳させるためには、魚の特性を知っておくことが重要です。

混泳全般で気をつけたいこと

大きさが違いすぎる個体を入れない

大きい魚が小さい魚を突くなどしていじめる傾向にあります。さらにあまりに大きさが違いすぎると、食べる・食べられるの補食関係になってしまうこともあります。魚以外の生物(エビなど)もサイズが小さいと魚の餌になってしまいます。

同種・近縁種のものはなるべく避ける

海水魚では同種・近縁種の色形が似た者同士の喧嘩が起きやすいです。種が違っても喧嘩が起こることもありますが、同種・近縁種ではより激しい争いになりやすいです。

また、同じ科の魚でも、凶暴な種、おとなしい種、それぞれ性格が違う場合もあるので欲しい魚が見つかったときは購入前によく調べておきます。

凶暴なので気をつけたい生物

モンガラカワハギ科(ムラサメモンガラ、ゴマモンガラなど)

imasia_11954988_S
シュノーケリングやダイビングで人を襲うこともある魚です。幼魚でも小さい水槽内でうまく混泳させるのはとても難しいです。

ハマクマノミ

imasia_6819658_S
クマノミ亜科の魚は人気で飼いやすいこともあり熱帯魚ショップにもよく売っています。しかし、ハマクマノミは他のクマノミと比べて凶暴なので注意が必要です。

ルリスズメダイ

imasia_9114830_S
安価で丈夫なので飼育はしやすいですが、縄張り意識が強く凶暴です。同じような大きさの魚との混泳は難しいです。同じスズメダイ科では比較的温和な性格のデバスズメダイが混泳に向いています。

デリケートなので気をつけたい生物

ハコフグ科(コンゴウフグ、ミナミハコフグなど)

imasia_2254998_S
白点病になりやすいと言われています。また、個体によっては弱って死んでしまったときに毒を出すことがあります。最悪の場合、毒によって水槽の生き物が全て死んでしまいます。

ヘコアユ

imasia_11370197_S
ヘコアユにとっては小さな水槽での混泳自体がストレスになります。イジメがなくてもです。水温の変化にも弱く、人工餌もなかなか食べてくれません。飼育自体が難しいです。長く飼うためには、ヘコアユだけを飼育するための水槽にする必要があります。

チンアナゴ

imasia_9159090_S
臆病で警戒心が強いです。砂の中から顔を出している姿がおなじみですが、他の魚が通りかかるとすぐに砂の中に隠れてしまいます。餌とりも他の泳ぎ回る魚に負けてしまいます。このような性質からあまり混泳での飼育が薦められていません。

魚同士での喧嘩やイジメの予防法・対処法

実際は、本来は混泳が難しいと考えられる組み合わせでもうまく共生できたり、大丈夫そうな組み合わせでも喧嘩やイジメが起こることもあります。個体差もあるので、確実に水槽内の争いを避けるのは難しいかもしれません。

喧嘩やイジメは魚にとってストレスになります。最悪の場合は、免疫力が下がり、死んでしまいます。そこでうまく混泳するためにできること、万が一喧嘩やイジメが起きた時の対処法を紹介します。

小さい個体は先に入れる

二匹の魚を同時に購入した場合は、小さい個体から先に水槽に投入します。大きい魚は小さい魚にとって脅威になります。先に小さい魚にテリトリーを主張させてから、あとで大きい魚を投入することで力関係を調整できることがあります。

喧嘩やイジメが起きたときは一旦隔離してみる

喧嘩やイジメが起きた場合は、大きいほう(強い方)の魚を一時的に他の水槽や、バケツなどに隔離します。水槽内に自分のテリトリーがあったという記憶をリセットさせるためです。その間に小さい方(弱い方)の魚にテリトリーを作らせます。さらに水槽内のレイアウトを変えたり、隠れられる場所などを作れば効果が上がるかもしれません。水槽内に仕切りを作って物理的に攻撃できない状態を作って様子を見るのも効果的です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事一覧

  1. d31a131d22cf3129db2514b6318ebc2e_s
  2. bsNKJ56_awabukubuku
  3. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  4. a0110096_10283055
ページ上部へ戻る