水槽を立ち上げる前に知っておきたいこと

9e68affa8594443c65e16af444f03161_s

アクアリウムを経験したことのある人であればわかるのですが、アクアリウムをするときに重要になってくるのは濾過やバクテリアです。

バクテリアはアクアリウムの立ち上げから維持していくまで、全ての段階で必要になってきます。今回はアクアリウムを立ち上げる前に知っておきたいことをまとめます。

そもそも濾過とは?

濾過を簡単にいうと、汚れた飼育水をきれいに浄化させることをいいます。

もちろん濾過をしていくには濾過器(フィルター)という器具を使用しなければいけません。上部フィルターに外部フィルター、底面フィルターや外掛け式濾過器など、いろいろな種類があり機能もちがいますが、どれも飼育水をきれいにするための器具です。

濾過にも生物濾過、物理濾過、化学(吸着)濾過の三種類があります。それぞれの濾過については別にまとめたものがありますので、よかったら参考にされてください。

imasia_3680623_S
外部式フィルターはろ材を自由に選べるので、自分のやりたいアクアリウムに適した濾過器にすることができます。 目の粗いものばかりで物理濾過に特化するもよし、生物濾過と科学濾過・吸着濾
Ttropical freshwater aquarium with fishes
一般的な水槽を使うアクアリウムにおいて濾過器の役割は非常に重要でアクアリウムの機材のなかでももっとも必要性のあるものだと思います。そんな濾過器の役割となぜそんなに重要なのかを考えて
どれも欠かせない役割を持っているのですが、アクアリウムの立ち上げにおいてもっとも重要なのは生物濾過です。

重要なのは生物濾過

まずは生物濾過を簡単に説明します。濾過器内にバクテリアを繁殖させます。繁殖したバクテリアは水槽内の有機物や有害物質などを分解してできるだけ無害なものにしてくれます。これによって飼育水をきれいなものにしてくれているのです。

つまり濾過バクテリアがいなければ水槽内は生体にとって有害なものだらけになってしまうのです。

バクテリアの種類にもいろんなものがあるのですが、とくに有害なものといえば『アンモニア』です。アンモニアは熱帯魚などの生体が生きていく上で排泄するものなので必ず発生します。また枯れた水草や残されたエサなどからも排出されます。

繁殖した様々なバクテリアは、このアンモニアを害の少ない亜硝酸という物質に分解し、それを別のバクテリアが硝酸(硝酸塩)に分解します。硝酸にも毒性はあるのですが、その毒素は弱いものになりますし、水草の養分にもなる物質です。

水槽を立ち上げるとはどういうこと?

水槽を立ち上げるということは、水槽を準備して周辺機器を設置すれば良いということではありません。アンモニアを硝酸塩にまで分解できる濾過環境が整うことをいうのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事一覧

  1. d31a131d22cf3129db2514b6318ebc2e_s
  2. bsNKJ56_awabukubuku
  3. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  4. a0110096_10283055
ページ上部へ戻る