アクアリウム、水草水槽を作る!有茎草の植え方のコツ

imasia_12795806_S

購入した水草の消毒液を落としたり、コケやスネールなどの持ち込みを予防したところでいよいよ水草を植えてみましょう。

水草を植えるまえの下準備もあります。かなり地味な作業で、一度に大量にすると水草水槽をやめたくなるほど面倒な作業です。しかし美しい水草水槽をつくるうえで欠かせないことなのでしっかりしましょう。

今回は後景草に使われる有茎草の受け方などについて紹介したいと思います。

有茎草の植え方

有茎草は縦によく伸びるので、後景草としてよく使われるものです。むしろ上級者では前景草に使われることはほとんどないでしょう。種類も豊富で水草水槽の主役級の存在です。

 

鉛巻は鉛を外そう

有茎草は鉛やウールなどで数本が束ねられて販売されていることがほとんどです。

そのまま植えたほうが時間短縮ですが、短期間は維持できますが、根が密集しすぎてうまく成長しませんし、見た目も良くありません。

『鉛を外して』といいましたが、鉛でまかれた部分は圧迫されてダメージを受けていることがほとんどです。鉛を外すなんて面倒なことはやめて、鉛の上から切ってしまいましょう。傷んだ部分を植えても枯れるだけです。

 

今ある根や下のほうの葉はカットする

鉛の上から切れば根が残ることはないかもしれませんが、とりあえず今ある根や下から4センチ程度の葉はすべてカットして取り除いてください。

根をかっとしたら枯れそうですが、現在の水質に合わせた根が自然と生えてきます。また葉を切り落とすのはその部分程度までは植えてしまうからです。葉っぱがあると地中で引っかかって抜けにくくなるということはあるかもしれませんが腐るとアンモニアを発生させますし、葉っぱがなくても4センチも地中に潜る部分があれば、抜けないように植えることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事一覧

  1. d31a131d22cf3129db2514b6318ebc2e_s
  2. bsNKJ56_awabukubuku
  3. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  4. a0110096_10283055
ページ上部へ戻る