初心者でも飼育しやすい熱帯魚!

2aef37abeb3d88f61e173d4e2d0a74f8_s

熱帯魚といってもいろんなサイズがいて、おとなしい性格から他の熱帯魚を追い回すような性格のものまでさまざまです。

今回は初心者にも飼育しやすい熱帯魚をまとめてみます。

ネオンテトラ

bece556c47b9994ff973df26e1cdacb0_s

鮮やかなブルーとレッドの色が特徴の小型の熱帯魚です。水槽を立ち上げる時の飼育水作りに、パイロットフィッシュとして選ばれる事が多い熱帯魚です。

性格は温和で、他の種類の熱帯魚を追い回すような事はまずないでしょう。同種での争いは全くないとは言い切れませんが、傷つけるような争いはないようです。

価格も非常に安く、10匹で300円などで販売しているところも見かけます。水質の変化にも強いという特徴がありますが、だからこそパイロットフィッシュとして選ばれています。

水質としては弱酸性から中性の水を好みます。

カージナルテトラ

パッと見た感じはネオンテトラとほとんどかわりありません。素人ならじっと見ても説明を受けないと違いに気づかないかもしれません。

価格はネオンテトラの1.5倍程度でしょう。

カージナルテトラはネオンテトラよりもサイズが1~2センチほど大きく、赤のラインが尾びれの方までのびています。ネオンテトラよりもカージナルテトラの方がサイズが大きいのでネオンテトラよりも丈夫かもしれません。

性格や好みの水質はとくにネオンテトラと変わりはありません。

シルバーシャーク

シルバーシャークは名前からすると他の魚を追いかけ回すような印象を受けてしまいますが、じつはとても穏やかでおとなしい種類の熱帯魚になります。

背ビレや尾びれに縁取りをしたかのように黒のラインがはいっています。

もちろんシルバーシャークと名づけられたのはその背ビレがシャークを連想させるからということです。

ネオンテトラのように鮮やかなカラーはありませんが、光の当たる角度では全身がギンギンに輝く美しい色をしています。

フナの種類で丈夫だと言われていますがストレスに弱いという事も言われています。

価格は250~350円程度ありますが地域差があるようです。

オトシンクルス

オトシンクルスはとくに美しいというものではありませんが、水草のコケを食べてくれる役に立つ熱帯魚です。昔は種類はそうなかったのですが、現在は種類も増えてコレクション性もあります。

水質の変化には強いのですが、死んでしまう理由として一番多いのは『餓死』だと言われています。コケを食べるといってもすべてのコケを食べるわけではないので、オトシンクルスにもエサがいきわたるように注意が必要です。

アカヒレ

初心者にも安心・強いパイロットフィッシュといえば断然アカヒレでしょう。冬は室内であればヒーターも必要なく夏の高水温にも耐える力をもっています。強いため近年では雑貨屋などでグラスに入れられたアカヒレが販売されているのを見かける事があります。

性格は穏やかで多種類の熱帯魚を追うような事はまずありません。

特徴は濃い赤色のヒレにあります。飼育者の中には『地味だから』と飽きがくるという人もいるのですが、そういう飼育者はおそらくアカヒレの威嚇行為や求愛行動を見た事がないのかもしれません。この時にはアカヒレはヒレを限界まで開いて相手に見せます。普段は地味なアカヒレですがこの時のアカヒレの美しさは素晴らしいものです。

初心者だけではなく、上級者もアカヒレに惹かれて飼育している人もいます。

まとめ

じつはまだまだ丈夫で、美しい、愛嬌のある熱帯魚もいるのですが、今回は五種類だけの熱帯魚をご紹介させていただきました。飼育水をしっかり準備することができれば病気などは出ませんが、熱帯魚同士の相性などもあります。

まずは丈夫さも大切ですが、穏やかで他種を攻撃しないということも重視してみましょう。

また、海水水槽からアクアテラリウムまで、様々なアクアリウム水槽をご紹介した記事もありますので、こちらもあわせてご覧ください。

7a7d38336cbcfd2d48e539ca85111edb_s
アクアリウムといっても野外でのメダカ飼育や生簀(いけす)での鯉飼育。室内での海水水槽に淡水水槽。淡水水槽にもいろんなジャンルがあります。あなたがやってみたい・目指してみたいアクアリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事一覧

  1. d31a131d22cf3129db2514b6318ebc2e_s
  2. bsNKJ56_awabukubuku
  3. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  4. a0110096_10283055
ページ上部へ戻る