027457

前回は、水草レイアウト水槽には欠かせないといっても過言ではないソイルがどういったものなのか、どんな特徴があるのかという全体的な内容をまとめてみました。今回はソイルにはどんなものがあるのかなど、少し詳しくまとめてみたいと思います。

通常タイプのソイル

これは指で一粒一粒つまめるようなサイズの粒のソイルのことです。おもな役割としては飼育水を弱酸性の軟水に傾け、水草の育成に必要となる栄養分を少しずつ漏出させたり、亜硝酸を吸着するような役割があります。

また粒が大きいので粒どうしの隙間に通水性がうまれ、有益なバクテリアなどが繁殖しやすくなります。

 

パウダータイプのソイル

パウダータイプも形状が違うだけで主な働きは通常のタイプのソイルと変わりありません。ただし粒が細かいので吸着も栄養の含み具合も一粒自体には少ないです。パウダーソイルが使われるおもな理由としては水草をしっかり植えて抜けるのを予防するためにあります。

通常タイプのソイルだけだと一粒が大きいので水草を植えても根がしっかり張るまではとても抜けやすいものです。そこでこのパウダータイプを通常タイプのソイルの上から敷くことでソイルどうしの隙間を減らして水草を抜けにくくすることができます。

 

栄養タイプソイル

栄養タイプソイルとは水草の育成に必要な栄養を豊富に含んだタイプのソイルのことを言います。もちろん弱酸性の軟水に傾ける働きがあります。

栄養タイプ以外に吸着タイプソイルというものがあるのですが、栄養ソイルタイプでも吸着タイプソイルのように有害な亜硝酸などを吸着する働きもあります。しかし栄養タイプのソイルは吸着機能よりも栄養を水草にしっかり供給することを目的として作られたソイルです。

良いことばかりを紹介しましたが、栄養タイプソイルは栄養が豊富なので水草ばかりではなくコケの栄養にもなってしまいます。また栄養素をたくさん含ませている分吸着作用が弱いので水が濁ったりする原因にもなります。

 

吸着タイプソイル

吸着タイプソイルとは熱帯魚にとって悪い働きをする物質(亜硝酸など)を吸着する能力に優れており、こちらも弱酸性の軟水にする働きがあります。この働きによって水槽を立ち上げてすぐでも亜硝酸が吸着されて亜硝酸濃度などが上昇しないので、立ち上げすぐから熱帯魚を入れても病気になりにくかったり落ちにくくなるということもあります。

この吸着タイプの吸着の働きはすぐに熱帯魚を入れることができてすごくいい働きのように感じてしまいますが、とくに立ち上げてすぐではバクテリアがほとんどいない状態です。このバクテリアのエサになる亜硝酸などが吸着されてしまうので、バクテリアが繁殖しにくいというデメリットにもつながります。

それから吸着タイプソイルといっても、もちろん水草育成のための栄養素は含まれています。吸着タイプに特化しただけであり、栄養素をまったく含んでいないというわけではありません。

 

ソイルにはどんな商品がある?

ソイルといっても、様々なメーカーからいろんな種類のソイルが販売されています。そのなかから自分好みの商品を探すのは難しいものです。
代表的なものでいえば“アマゾニア”という商品があります。これは栄養タイプのソイルで通常の粒タイプからスーパーパウダーというかなり微小な粒のタイプまであります。

水草育成において代表ともいえる商品ですが、ADAが販売しているもので非常に高価なソイルです。

吸着タイプソイルといえばコントロソイルがよく使われているようです。選ばれる理由は吸着タイプソイルの中では安価な方なのですが、そのわりに栄養分も含まれているということから選ばれているようです。

水草水槽でソイルを使用する際はこれらのソイルを数種類組み合わせて使用するアクアリストが多いようです。

 

まとめ

ソイルを商品別に紹介すればきりがないのですが、重要なのは買おうとしているソイルが吸着タイプなのか栄養タイプなのかというところになります。一度セットしてしまえばなんども取り替えれるようなものではないのでソイルを選ぶときにはしっかり吟味してからにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事一覧

  1. d31a131d22cf3129db2514b6318ebc2e_s
  2. bsNKJ56_awabukubuku
  3. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  4. a0110096_10283055
ページ上部へ戻る