bsPAK75_sunahamanihart20140725

前回まではソイルについてのまとめをしてきました。今回はセラミック、溶岩石、砂・砂利の底床についてまとめます。

 

セラミック

セラミックとは土などの無機質のものを焼き固めた素材をいいます。そしてアクアリウムの底床に使われるセラミックも、土を焼き固めて作られたものです。

土を焼き固めたと言ってもソイルのようにすぐに形が崩れてしまうものではなく、よほど荒く洗ったりしない限りは何度も洗って再利用できる作りとなっています。

セラミック底床は二種類に大別することができます。

ひとつは飼育水を弱酸性にする働きのあるカオリナイト(ハイロサイト)系と、もうひとつは飼育水を弱アルカリ性にする働きのある珪酸カルシウム系です。

飼育する熱帯魚や使いたい水草育成において、どちらにするのかは重要になるので素材には注意が必要です。セラミック素材はその粒どうしの隙間に通水性があるので、バクテリアが定着しやすいのは言うまでもありません。また、セラミック素材自体が多孔質なのでセラミックそのものにもバクテリアが定着することができるので、底面ろ過などの生物ろ過が有効です。

セラミックはソイルのように養分があるわけではないので、自分で肥料を添加する必要があります。

 

溶岩石

溶岩石とはその名の通り、溶岩石が細かく砕かれたものをいいます。

サイズも大磯砂砂利程度のものからかなり細かく砕かれた砂状のものまで様々です。溶岩石はもちろん天然物です。よく『水質に影響は与えない』と言われているようですが、若干ですが硬度を上昇させてしまうようです。

しかしそれ自体は水草を育成するうえでそう障害になるほどのものではないようです。むしろ硬度が高い方が成長が良いとされる、キューバパールグラスなどでは成長が促進されそうです。

溶岩石もセラミックと同じように、粒どうしの隙間に通水性があるのでバクテリアの繁殖に有効です。また溶岩石も天然の多孔質素材ですので、溶岩石自体にもバクテリアが定着できます。底面ろ過などをセットすれば、底床全体が大きな生物ろ過ということも可能です。

溶岩石はセラミックと違い尖っている部分が多いです。プレコやコリドラスなど、底面を主な住処とする熱帯魚はキズを負う可能性もあるため、そのような場合には不向きです。

 

砂・砂利

砂・砂利は採取される場所によって微妙に名称が変わります。海でとれたものであれば大磯砂・砂利といった感じです。

どの砂利も硬く何年でも使用することができます。ここで紹介した他の底床材と同じように粒の隙間には通水性があるので、バクテリアが繁殖しやすい環境となります。

これまでのセラミックと溶岩石と違うのは『多孔質ではない』ということです。多孔質でないため砂利自体にバクテリアが繁殖することはありません。

また大磯砂の場合は海で採取されたものなので、どうしても細かな貝殻やサンゴなどの欠片が混入してしまいます。貝殻やサンゴは飼育水をアルカリ性に傾けて硬度も上昇させてしまうので、水草水槽には適しているとは言い切れません。

しかし二年も使用していれば貝殻やサンゴの欠片は全て溶け出しているので、そうなればアルカリ性に傾けることはありません。砂利も水草育成の養分は一切含んでいないので、砂利水槽で水草育成をするとすれば固形や液体の肥料が必要となってきます。

 

まとめ

ここで紹介した底床材の共通点は、通水性があり底面ろ過などの生物ろ過に適しているということ。

何度も繰り返して使用することができる点。栄養素を全く含まないので水草育成には肥料が必要。ということです。ソイルに頼らず自分の調整で肥料を添加して水草を育成していくのも知識が深まっ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事一覧

  1. d31a131d22cf3129db2514b6318ebc2e_s
  2. bsNKJ56_awabukubuku
  3. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  4. a0110096_10283055
ページ上部へ戻る