オススメのアクア用活性炭「ウエーブ ブラックホール」

ブラックホール

皆さんは「超高性能活性炭ひかりウエーブブラックホール」という商品をご存知でしょうか。すでに活性炭を使っている人もいるでしょうが、このブラックホールという活性炭に変えてみるとさらに透明度が上がります!

私も愛用するこのブラックホールについてまとめます。

超高性能活性炭ひかりウエーブブラックホールとは

超高性能活性炭ひかりウエーブブラックホールとは、アクアリウム用品で知られる「キョーリン」という会社が販売している商品です。
この商品は読んで字の如く、つまりは「活性炭」です。

活性炭の役割は吸着濾過(科学濾過)です。飼育水内のいろんな物質を吸着して取り除くことができます。活性炭なので使い回しはできず、一定期間で交換を必要とします。

超高性能活性炭ひかりウエーブブラックホールの特徴は

これまでは「ブラックホールはとにかく水をきれいにしてくれる」という印象だけで使用していましたが、改めてブラックホールの説明書を読んでみました。

それをまとめてみると「これまでは吸着しきれていなかった物質までしっかり吸着!」「流木のアク抜き不要。流木のアクも薬の色素もしっかり吸着」ということだそうです。

ブラックホールはウッドチップ炭を使用しています。このウッドチップはリンを含んでいないということで、水槽内のリンが増加しないようになっているそうです。

ひかりウエーブブラックホールはアンモニア吸着しない?

「活性炭はアンモニアを吸着する」ということを聞いたことがありませんか?

じつはいまだにこのことについてはいろんな話が飛びかっていてごちゃごちゃしています。実際のところ活性炭はアンモニアを吸着するのですが、それは空気中のアンモニアのみです。水に溶け込んだアンモニアは吸着しません。

ちなみに、これを販売しているキョーリンとしても「アンモニアは吸着しない」ということを述べているのでやはり吸着しないのでしょう。
しかし、ブラックホールを入れることでアンモニアの値が減少したという人もいますし、やっぱりなかなかはっきりしません。

では何を吸着できるのか

◯水の黄ばみはしっかり取ってくれます。この黄ばみの原因になるものは流木の色素であったり、熱帯魚などの排泄物の色素です。

◯活性炭といえば消臭剤などにも使用されています。水中でも同じように臭いの原因になる物質を吸着してくれます。

◯フェノールも吸着してくれるようです。「フェノールとはなんぞや?」ということで調べてみたら、フェノールとは排泄物から発生し、ほとんど分解されない物質だそうです。難しいですが、とりあえずバクテリアでは分解されにくい物質を吸着してくれるようです。

◯他にも重金属や残留塩素なども吸着してくれるそうです。

私たち使用者のハートもしっかり吸着して離しません。一度使うとなかなやめられません。

ブラックホールが合わない水槽もある

ブラックホールは水をきれいにしてしまうため、ブラックウォーターの色素までも吸着してしまいます。あえてブラックウォーターを作り出している水槽では色素を吸着するので、いつまでたってもブラックウォーターにはなりません。

まとめ

ブラックホール以外の活性炭でも飼育水の透明度は上がりますが、それでもブラックホールを使用することでさらに透明度が上がります。ブラックホールはほかの活性炭に比べると値段は高くなってしまいますが、値段以上の効果があると思います。

私も以前は安価な活性炭を使用していましたが現在ではブラックホール以外には考えられません。だまされたと思って使用してみてください。透明度がグッと上がって鑑賞としてのアクアリウムの価値が高まり、きっとやめられなくなるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

最新記事一覧

  1. d31a131d22cf3129db2514b6318ebc2e_s
  2. bsNKJ56_awabukubuku
  3. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  4. a0110096_10283055
ページ上部へ戻る