オーディオ講座!理想の音に近ずけるにはどうすればいいの?

imasia_1366853_S

ポータブルオーディオから超弩級システムのホームオーディオまで。

その幅はとても広く、オーディオの第一歩を楽しむためにはいったい何を選べば良いのでしょうか?

ラジカセはオーディオには含まれない?

音楽を聞くだけなら、価格が手頃なポータブルオーディオで事足ります。しかし、“楽しむ”にはせいぜいイヤフォンを各種取り揃えるか、ややこしいファイル形式と格闘するしかありません。

blue stereo radio boom box recorder CD mp3 isolatedもう一歩ランクを上げてみるとラジカセとなります。しかし、オーディオを趣味と考えた場合、まったく用をなしません。ポータブルオーディオの方がまだ歩があります。

それは何故でしょうか?

一般的な音楽ソフト、CDに録音されている音源を聞けば分かりますが、そのほとんどはステレオ(左右2チャンネル)になっています。すると、オーディオ装置にも音を出すスピーカーが2つ必要になります。

ラジカセもスピーカーは2つ付いていますが、CDプレーヤーなどと一体になっています。これが致命傷になるのです。

オーディオはセッティングが命

音源がステレオで、スピーカーが2つ。それなのに何故ラジカセがオーディオを楽しむのにはダメなのか。それは、『セッティング』というものがまったく出来ないからです。

オーディオ装置というのは多少なりとも使い方にコツが必要で、そのひとつがセッティングです。

置き方・配置と言い換えられます。まず全装置に共通する事では、極力しっかりとした物の上に置くのが好ましいです。不安定な所はいけません。スピーカーはそれぞれの間隔をある程度空けます。部屋によっては向き調整も必要です。また、壁からの距離で音が変化するので、これも要調整です。また、スピーカーは発音で自身が振動するので、制振処理をするのもありです。

一例として、スピーカー底の四隅にゴムを敷く手法があります。また、コンパクトなスピーカーは、ぎっしり詰まった本棚の中に置くと低音が増すというワザもあります。どうでしょう、このどれもがすべて一体になったラジカセでは不可能です。

オーディオ登竜門はコンポから

そこでお薦めしたいのが、個別のオーディオ装置が一式セットになったシステムコンポやミニコンポです。

imasia_4047053_S
最近はチューナーとプリメインアンプが一体になり、その筐体サイズに合わせたCDプレーヤー、ペアのスピーカーがセットになっています。スピーカーはケーブルでプリメインアンプと繋がれるので、この長さを調整すればある程度自由に置く事が出来ます。

コンポのほとんどがプリメインアンプ&CDブレーヤーの両脇にスピーカーが置いてありますが、必ずしもあの通りでなくて大丈夫です。むしろオーディオを楽しむなら、積極的にスピーカーの位置は変えるべきです。

また、プリメインアンプとCDプレーヤーも見本のように重ねなくてもOK。ただ専用のケーブルで繋がれている事もありますので、その場合は諦めるしかありません。事前に確認出来るのであれば、離して置けるシステムを選ぶのが吉です。

ただ、理想としては横並びでよいので、それぞれを平置きにするのがいいでしょう。

スピーカーと上手く付き合う

スピーカーの置き方は正三角形レイアウトが基本です。

リスニングポジション(鑑賞する位置)を角の頂点として、そこから左右均等の位置にそれぞれのスピーカーを置きます。始めはこの位置で試聴をして、少しずつ距離や角度を変えていきます。

床や台とスピーカーの間に挟み物をするのもよいです。ゴムや金属系の物で、お手軽なのでは10円玉を四隅に挟む手法があります。試行錯誤していくうちに、自分のベストセッティングが決まってくるはずです。この位置調整がオーディオの楽しさの一つです。

スピーカーと上手に付き合えると、びっくりする程素敵な音楽が聞こえてきます。コンポは入門者にお勧めです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ

  1. Dancing Beach Summer Happiness Joyful Concept

    2015-8-18

    イタリアとギリシアの飲酒事情

  2. imasia_13053325_S

    2015-7-25

    男の体づくりの基礎の基礎!効果的なダイエットの方法とは!?

  3. 18267

    2015-9-11

    世界有数の人気観光地であり犯罪都市であるケープタウン

  4. BLD044634

    2015-7-22

    「男らしさ」「女らしさ」を異文化から考える

ページ上部へ戻る