アウトドアの必需品!クーラーボックスの選び方と効率的な使い方

キャンプだけではなく、海水浴などに出かけた時にあるとうれしいものといえばクーラーボックスでしょう。

キャンプなどアウトドアで料理をするのであれば、移動時間から到着して調理するまでの時間、食材を新鮮にたもってくれたりします。また、冷たい飲み物も冷たく保冷してくれてとても便利です。なかには釣れた魚を持ち帰る人もいるでしょう。

今回はそんなクーラーボックスの選び方と、効率的に使うにはどうしたらいいかに説明します。

クーラーボックスはまず二種類に大別される

まずクーラーボックスは【ハードタイプ】と【ソフトタイプ】に分けられます。

ハードタイプ

硬い素材でできていて丈夫です。人が座っても問題ない程度の強度を持っているクーラーボックスもあります。

蓋の開閉も簡単で、ソフトタイプに比べるとはるかに強い保冷力を持っています。

容量が小さいものは容量7リットル程度。そして大きなものでは150リットルを超える物もありますが、なかなか一般的なサイズとはいえません。

ソフトタイプ

柔らかく、断熱性能のある素材で作られたクーラーボックスです。クーラーバックなどともいわれていますね。

こちらはチャックで開閉式の蓋であることがほとんどで、蓋の開閉にやや手間がかかります。また、折りたたむことができ、容量が少なければそれだけ変形させることもできますが、ハードタイプに比べると保冷力はかなり弱くなり、外部からの衝撃にも弱いです。

柔らかい素材のため、小容量のものが多いです。中にはソフトクーラーボックスといいつつ、なかなかの強度を持つ30L程度のものも販売されています。

 

クーラーボックスの選び方

クーラーボックスの選び方で重要なのは「大きすぎず、小さすぎず」というところです。

一般的にアウトドアで使用する容量としては4人グループで50L程度あれば、よほどビールなど詰め込まなければ充分です。一人当たり一日12~13リットルといったところでしょう。

 

クーラーボックスを選ぶ際には食材の量だけではなく、保冷剤を入れるスペースがなければ保冷は困難です。保冷材のスペースもしっかり考えておきましょう。

 

効率的にクーラーボックスを使用するには

クーラーボックスを効率的に使うというのは、【クーラーボックス内に隙間を作らない】【蓋の開閉回数を減らす】【直射日光に当てないようにする】ということに留意します。

 

大型100リットルクーラーボックスをひとつ用意するよりは、中型50リットルのクーラーボックスを準備したほうが持ち運びも楽です。「キャンプ日中から夕方、夜から翌日」とクーラーボックスを分けておくと、最後に使うものが最後まで保冷効果を保たせることもできます。

また、開閉回数の多くなる飲み物だけのクーラーボックスを準備するのも効率的でしょう。

 

どちらにしてもどうしても重量が重くなってしまうので、購入するときにケチらずに車輪付きのクーラーボックスを購入することをお勧めします。

車輪がついていて助かったことはありますが、困ったことは一度もありません。

クーラーボックスを効率的に使うには保冷材の置き方も重要

カズックス
食材の量と相談して保冷材を詰めていきましょう。

皆さんは保冷材はどのように使っていますか?

僕が見た中ではクーラーボックスの下に何枚も敷いていたり、食材を仕切るように立てて入れたり、壁に沿わせるように入れたりというものがあります。しかしそれは効率的な保冷の仕方とはいえません。

 

冷気は高いところから低い所へ落ちていくようになっています。そうですね、ドライアイスの煙のでかたを思い出してみてもらったら想像つくと思います。

結果として、保冷材を置くときは食材の最も上に置くのが効果的といえます。もちろんそれだけではなく、小さな保冷剤を食材の間に入れたりして隙間をなくすことで保冷効果はさらにたかくなります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です