バーナーを使って簡単に火をおこす!

赤く燃える木炭

キャンプの際の定番と言えばバーベキューなのですが、「炭に火がつかない」というトラブルはバーベキューの定番の一つです。
火をつけるというのは基本さえ知っていれば、そこまで難しい物ではありません。簡単な火の付け方を紹介ます

火起こし

1.まずは準備

ここでは初心者でも火を起こしやすい、ガスバーナーを使った火起こしの方法を紹介します。
ガスバーナーはホームセンターやネットショップで、自分が気に入ったものを買いましょう。ガスコンロ用のボンベを使えるものが便利です。

またその際に炭も購入します。炭もこだわり始めるときりがない世界です。ですが、キャンプのバーベキュー程度であれば、乾燥している炭であればどれでも使う事が出来ます。

他に用意する物として、バーベキューに使うコンロと新聞、そしてウチワ。もし電気が使えるのであれば、ウチワの代わりにドライヤーがあれば便利でしょう。初心者の方や、早く火をおこしたい方は着火剤があると良いです。

2.火をおこそう

実際に火をおこす際に大事なのは、着火自体よりもその前の準備です。
まず着火剤や新聞紙など火元となる物を中央におき、その周りに小さな炭を置いていきます。炭は大きい物より、小さい物の方が火はつきやすいです。細かく砕いた炭を中心に置き、外に行くほど大きな炭を置きましょう。

その際に火が燃え広がり易いように、空気の通り道をしっかりと考えることも重要です。あまり詰めて並べるのではなく、しっかりと隙間を開けるようにしておきます。
並べ終わったら、バーナーを使い中央の着火剤などに火をつけます。また同時にウチワやドライヤーなどを使って、空気を送り炭が燃えるのを助けるようにしましょう。

そうして大きな炭に火が付いたら、火が消えない様に次の炭を投入して火起こしは完成です

バーナーで火起こし

 

3.火起しの注意点

火起こしの際の注意点は、ともかく火災に気を付ける事です。

酒が入って過剰に火起こしをして火事になったという事件や、新聞紙の燃えカスが飛び散ってやけどをした。終わる際の炭の管理が雑で、そこから火災が発生したなど、関連する事故や事件は数多くあります。娯楽と言っても気を抜かず、しっかりと安全と火元の管理をしましょう。

4. バーナーを使うメリット・デメリット

ガスバーナーを使った火起こしの方法の紹介をしましたが、実を言うと同様の方法でバーナーを使わなくても、マッチやライターを使っても炭に火をつけることは可能です。荷物が増えたり、他に使わないガスボンベを購入したくないという事で、そのようにやられている方も珍しくありません。

バーナーを使うメリットとして、大火力で炭を温めるので炭の状態や利用者の手際が多少悪くても、力技で火をつけることが出来るという事が上げられます。またガスバーナーを使って魚のあぶり料理を作るなど、他の分野でも何かと使える道具でもあります。なのでキャンプをきっかけに、ガスバーナーを購入するという事を一考してみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ

  1. imasia_2729737_S

    2015-7-18

    最近流行りのモバイルプロジェクター…買うかどうか悩んでいるあなたへ

  2. 部屋を綺麗に掃除!

    2015-4-30

    一人暮らし男性の散らかった部屋を掃除する3点のコツ

  3. imasia_7294860_S

    2015-7-31

    プレアデス星団を双眼鏡で見よう

  4. imasia_13053325_S

    2015-7-25

    男の体づくりの基礎の基礎!効果的なダイエットの方法とは!?

ページ上部へ戻る