バーベキューが終わった後の炭の処分

バーベキューの後片付け

バーベキューの後片付けバーベキューはみんなで集まってやるととても楽しいです。家でやったり、キャンプ場でやったり、海で、川でやったりします。

しかし、楽しいバーベキューにも片づけがやってきます。バーベキューが終わった後の炭の処分の仕方についていろいろあると思いますが、簡単に3つに分けて説明します。

1.もっとも簡単に火を消す方法

単純に水につけると火を消すことができます。
といっても、バーベキューのグリルに直接なんて事はダメです。
熱された鉄に水なんかかけたら変形してしまいます。

なので、やりかたとしてはバケツなどの入れものに水を汲んでおき、その中に燃えている炭を入れて冷ます方法。それとバーベキューのグリルから、炭を地面に出して水をかけるなどの方法があります。

熱した物に水をかけると、水は一気に水蒸気にかわり火傷する場合があります。水の飛び跳ねなどには十分に注意した上で作業しましょう。

炭は乾燥させれば、再使用する事も出来ます。完全に火が消えているのを確認してから、容器、袋などに入れて持ち帰りましょう。
炭は自然に帰ることはないので、地面に埋めるのは止めましょう。

2.時間のある人向けの方法

バーベキューが終わっても時間に余裕のある場合は、最後まで燃え尽きさせて灰にする方法があります。
キャンプ場などで片づけをしながら、燃え尽きるのを見ているのも楽しいかもしれません。

また、キャンプ場によっては炭を捨てる場所がある所もあります。そういったサービスがあれば、利用するといいでしょう。
河原や海の場合は埋めたりしても自然に変える事はないので、持ち帰り各自自治体のゴミの仕分けに従って処分しましょう。

 

3.火消し用のツボを使う方法

この方法は炭を密閉された容器に入れる事により、物を燃やすための酸素を遮断して炭を燃えなくします。
水を使うより冷めるまでに時間がかかりますが、容器自体が耐熱容器の為に持ち運びに便利です。

また、水を使う方法のように再度使うために乾燥させたりする必要がありません。バーベキューを2日連続でやる人や、頻繁に行なう人にとっては、こちらの方法が使いやすいでしょう。
ただ、しっかり火が消えたか気になる所もあるかもしれません。ですが、完全に密閉さえされてしまえば酸素は遮断されるので、容器の中の酸素さえなくなれば炭の火は消えます。倒れない様な場所に置いておきましょう。

以上マナーを守って楽しいバーベキューをしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ

  1. imasia_15797102_S

    2015-8-17

    酒に厳しく、大麻に優しいインド

  2. imasia_2729737_S

    2015-7-18

    最近流行りのモバイルプロジェクター…買うかどうか悩んでいるあなたへ

  3. imasia_2763457_S

    2015-7-22

    都市伝説「富士山」の真実!?これが富士樹海の本当の姿だ!

  4. imasia_9619642_S

    2015-8-22

    「神」となった男!?クック船長−ハワイと西洋との出会い

ページ上部へ戻る