初心者から上級者までホテルBARの魅力とは?

日本は、全国各地様々な場所にBARがあります。街に出れば魅力的なバーテンダーが営むお店が無数に営業し、お客さんを待っています。
そんなお店とは別に、ホテルにもBARはあります。今回はそんなホテルのBARについて、特徴や魅力を見ていきましょう。

1.BARはホテルの顔

ホテル文化の中心地である欧米諸国では、一流ホテルの構成要素にBARが入っています。
昼前から夜中まで常にオープンしていて、どの時間でも本格的なお酒が飲めるBARはホテルの顔なのです。
しっかりとしたBARがあることが、一流ホテルの証しであり、その考えは日本でも通用します。真っ当なBARを持ったホテルは規模の大小を問わず間違いの無いホテルといえるでしょう。

2.個人ではなく組織

街に無数にあるBARの多くは、バーテンダー自らが経営者のお店です。そのため店の雰囲気や品揃え、接客のスタイルなども自らの好みのカラーにすることが可能です。
一方でホテルのBARで働くバーテンダーは、あくまでホテルの一従業員です。つまりホテルという会社の会社員という立場です。
もちろんパーソナリティーを完全に消滅させたマニュアル接客をするバーテンダーはいませんが、それでも個性を前面に打ち出すようなことはありません。
しっかりとホテルの品格を背負い、それを汚さないような折り目正しい接客をするバーテンダーが殆どです。
これはホテルのBARならば、どこでも一定以上のサービスを体験できるとも言い換えられます。そのためBARに不慣れな初心者が訪れて、BARの雰囲気に慣れるには最適です。

3.夜景自慢も多い

ここ数年で日本に上陸した外資系ホテルの多くが、高層ビルの上階にオープンしています。
このようにホテルのBARのなかには、見晴らしのよい高層階に店舗を構え、圧倒的な夜景の美しさを売りにしているところも少なくありません。
店内も夜景が見えるように明かりを抑え、窓も足元まで広がる大きなもの。まるで夜景の海に浮かんでいるかのようなロマンティックなムードです。
用意されているカクテルも、カラフルな場を一層華やかにしてくれるものを多く取り揃える傾向があります。
このような立地条件は、ホテルBARならではの特権といえるでしょう。

4.長い営業時間を活用する

ホテルのBARは、昼前から夜中まで通しで営業しています。そのため、ふと思い立ったならば、どんな時間でも本格的なお酒を飲むことが出来る便利さがあります。
ホテルBARでも歴史のあるお店の場合、日差しが気にならないように、窓の無い薄暗い店舗の場合が多く、昼間から罪悪感もなくお酒を楽しめます。
また夕方の早い時間から居酒屋のハッピアワーのようなお得なサービスをやっているお店もあります。これを利用すればよりお手軽に、超一流のホテルBARの味と雰囲気を堪能できてしまうわけです。

5.ホテルBARは年齢層が高め

ホテルのBARの年齢層や客層はどうでしょうか?夜景の綺麗なお店の場合は、客層は若くカップルが多くなります。
しかし昔から続く歴史ある店の場合は街のBARと比べ、圧倒的に年齢層が高くなります。
30代でも店内を見渡せば最年少じゃないかと思うくらいの、年齢層の高さ。多くのお客が人生の荒波を乗り越えた成功者のような面持ちです。
社会人となり30代を迎えると、会社でのポジションも上がり、時にはおごりも出てきます。そんな時に歴史あるホテルBARを訪れることで、自分の若さや青さを思い出すという使い方をする人も少なくないのです。

6.お値段やドレスコードは?

金額からいえば、街中のBARと比べると高めの設定です。おそらくこれは、ホテルという立地上一定の敷居を設定しないと、あらゆる人が来店し、雰囲気を壊しかねないからでしょう。
また同様の理由でドレスコードを設定しているお店もあります。とはいえ男性ならばジャケット着用程度のところが殆どですので、さほど心配する必要は無いでしょう。

ホテルのBARは、常識の範疇をしっかり守った、真っ当な接客が受けられます。
「この店の店主はどんな人なんだろう」と怯えることもありません。だからこそBAR初心者がなれるには最高の場所です。BAR体験の第一歩としてぜひホテルBARを使ってみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました