デートでも使える、女性にオススメカクテル

カクテルは性別を問わずどんな人でも楽しめるお酒です。
しかしそんな中でも、やはり女性向けもしくは女性人気の高いカクテルが存在しています。
そんなカクテルを知っておいて、女性にさりげなくオススメすれば、あなたの評価もグンとアップするはず。
今回は、男性が知っておいても損は無い、女性にオススメのカクテルを紹介します!

1.モスコミュール

ウオッカをジンジャーエルで割り、ライムを搾りいれたカクテルです。
飲み口はジンジャーエルの爽やかさと甘さがメインで、ウオッカは陰を潜めています。
ベースをウオッカでなくラム酒に変えても、ラムの甘い香りが程よく漂う素晴らしいカクテルとなります。
ラムベースのものには具体的な名称はありません。強いてあげるならラムバックですがこれだとレモンを搾ることとなります。なので難しく考えず「ラムをジンジャーエールで割ってライム搾ってください」の注文でOKです。

2.ノチェロミルク

いかにも女子が大好きなカクテルの代表選手と言えばカルーアミルクです。
もちろん立派なカクテルですし、BARで飲むカルーアミルクはまた一味違います。
でもあまりにベタ過ぎて嫌という場合には、同じようなミルク系のノチェロミルクがオススメです。
ノチェロというのは、クルミの風味のするリキュール。それをミルクで割るので、ナッツ風味のするミルクカクテルに仕上がります。
夏場は氷を入れたロックグラスで冷やして飲んでもOKですし、寒い季節はホットミルクを使い温めて飲んでもOK。
どんな季節にも対応可能な、意外と知られていない美味しいカクテルです。

3.カシスミルク

カシスリキュールはカシスオレンジやカシスウーロンなど、居酒屋などでも接する機会の多い馴染みのあるリキュールです。
そんなカシスリキュールをミルクで割ったのがこのカシスミルク。
カクテル自体もピンク色に仕上がり見た目的にもかわいさがあります。またアルコール度数も4%ほどと低いですので、お酒に弱い女性にもオススメできます。

4.スプモーニ

カンパリとグレープフルーツジュースを同量グラスにいれ、トニックウォーターで割るカクテル。
通常は全体を混ぜ合わせて、ほんのりとした赤~ピンクに仕上げますが、お店によってはカンパリとグレープフルーツジュースを二層にして仕上げるところもあります。
アルコール度数も低く、グレープフルーツとトニックウォーターの働きで、とても飲みやすいカクテルといえるでしょう。

5.キティ&シャンディガフ

どちらも似た系統なので、一度に2つのカクテルをまとめて紹介します。
キティは赤ワインをジンジャーエールで割ったカクテル。シャンディガフはビールをジンジャーエールで割ったカクテルです。
両方とも普段から飲み慣れているであろうお酒を、さらにジンジャーエールで割るので非常に飲みやすくなります。
BARに並ぶような洋酒を飲みなれていない人にとっては、入り口として最適。アルコール度数も低く、元となる赤ワインやビールを飲める人はもちろん、少しキツイと感じる人も楽しめてしまうカクテルです。

6.ジャックローズ

カルヴァドスをベースにライムジュース、グレナデンシロップを加えシェイクして作るカクテルです。
カルヴァドスとはリンゴ生まれのブランデーで、レシピによってはライムではなくレモンジュースを使う場合もあります。
いずれにしても出来上がったカクテルは、情熱的な赤に染め上がります。
これまでに紹介したカクテルが、どちらかと言えばカワイイ系のカクテルとするならば、こちらは切れ味鋭い美人系カクテル。
仕事がバリバリ出来て頭の回転も抜群な女性が、ジャックローズを楽しむなんていうのは、ドラマのワンシーンのような美しさです。

女性にオススメしたいカクテルを挙げてみました。
このカクテルを覚えておけば、一緒にBARに行った女性がメニュー選びに迷ったときに、上手にエスコートできるはずです。

タイトルとURLをコピーしました