パーティー&BBQにオススメ!ワイワイ系カクテル!

カクテル

最近はホームパーティーを開催する人も増え、それを特集した本まで出版されています。またアウトドアシーズンになれば、野外でのバーベキューやキャンプなど大人数が集まるイベントも盛りだくさんです。
今回は、そんな大人数が集まったときに楽しみたい、ワイワイ系カクテルをご紹介します!

1.パンチボウル

大きなボウルに氷を入れ、そこに基本となるお酒を入れます。あとはカットしたフルーツやハーブをお好みで加えれば完成。
アメリカのセレブの間で大流行している、パーティーにはピッタリのカクテルです。飲む際にはボウルから、レードルなどをつかって取り分けます。そのためこのようなスタイルは、シェアカクテルとも呼ばれています。
使用するお酒はサングリアを使うのが一番人気。ただビルド系のカクテルをボウルの中で再現してフルーツを加えるようなイメージを持てば、味的に大失敗はしません。
またノンアルコールでつくりたい場合は、果実やベリー系のシロップに炭酸水を加えても美味しくなります。
室内でのパーティーはもちろん、夏の日差しを浴びて行なう野外パーティーにも最適です。

2.キューバリバー

ラムをコーラで割っただけのシンプルなカクテル。ラムコークやクバリブレ、キューバリブレなど様々な名称で呼ばれることがあります。
室内での改まったパーティーには向いていませんが、気の置けない仲間が集まった気軽なパーティーや野外でのバーベキューにはピッタリです。
そんなカジュアルな場面には、飲み物としてコーラを用意することも多いかと思います。あとはラムさえ用意してしまえば、あっという間にカクテルが作れるわけです。
氷水やクーラーでコーラとともに、ラムも冷やしておけば、氷が無くても冷たい状態で楽しめるので、オススメのカクテルです。

3.カンパリソーダ

イタリア産の薬草系リキュール「カンパリ」を炭酸水で割るだけのカクテルです。
レモンの輪切りを浮かべてもいいですし、ピールをしてもかまいません。
用意するのはカンパリと炭酸水のみというシンプルさですので、作り方も簡単。程よいアルコール度数ですし、見た目も綺麗な赤色ですので場の雰囲気を盛り上げてくれます。
リキュール系のお酒は、基本的に炭酸水で割ると非常にのみやすく、かつ美味しくなります。数本のリキュールを用意して、好みで選び炭酸で割るのもよいでしょう。

4.クレーム・ド・カシス

数あるリキュールの中でもカシスリキュールは、汎用性があるリキュールのひとつです。
ソーダで割ればカシスソーダ。オレンジジュースで割ればカシスオレンジ。ウーロン茶で割ればカシスウーロンと、居酒屋でも見かける定番カクテルに変身します。
ちなみにカシスソーダをつくる際に、先にリキュールをグラスに入れて、その後で静かにグラスに沿わせるようにしてソーダを注ぐと、綺麗な二層になってくれます。
結局飲むときには混ぜるのですが、少しのアイディアで見た目的にもサプライズ感を演出可能です。
せっかくのパーティーですので、こんな演出をさりげなく出来れば、あなたの株も上がるでしょう。

5.スプリッツァー

白ワインを炭酸水で割るだけの、こちらもシンプルなカクテル。
割る割合はお好みですが、いずれにしてもかなりアルコール度数は低く抑えられます。
そのため、それほどお酒に強く無い人にもピッタリですし、心地よいほろ酔い気分を味わいたい人にも向いています。
また、このお酒はワインがベースとなっていますので、食事との相性がよいのも見逃せないポイントです。
使用するワインは上等なものを使う必要は全く無く、ワインコインのデイリーワインでかまいません。
基本的には白ワインを使いますが、ワンコイン程度の赤ワインに変えても、これまた美味しく楽しめます。

大人数が集まったときにオススメのカクテルをまとめました。いずれもつくり方は単純ですが、色々と応用のきくものばかりです。
色々とためし自分のレパートリーを広げれば、パーティーでの注目度もアップすること間違い梨でしょう!

タイトルとURLをコピーしました