家飲みカクテルのオススメは?

美味しいカクテルは、何もBARに行かなければ飲めないわけではありません。
カクテルの種類によっては、家でも手軽に作れるものもあります。
今回は、そんな家飲みで使える、おウチカクテルのオススメをご紹介します!!

1.向くカクテルのタイプは?

シェイカーやミキシンググラスを用意すれば、より本格的なカクテルは作れますが、扱いも大変ですし洗いものが増えたりと色々と面倒です。
家で作るならば、氷を入れたグラスに材料を注ぐだけでOKなビルドタイプのものが向いています。ビルドタイプならば特別なテクニックも不要ですので、家でも美味しいカクテルが再現できます。

2.用意しておきたいものは?

ビルドタイプの場合、何かでお酒を割ることが多いので、割り材の用意は必須です。
つくるものにあわせて炭酸水やトニックウォーター、ジンジャーエールあたりを揃えれば、かなりのカクテルが作れます。ジンジャーエールは辛口タイプのものも用意すれば、味の変化も楽しめます。
もう一つ用意したいのが氷です。せっかくですからコンビニやスーパーで売っているような純氷を使いたいものです。
もし氷を買い忘れたり、わざわざ買うのが面倒な場合は、割り材だけでなくお酒も冷やしておくと、氷が不要になります。
ウイスキーやジン、ウオッカなどの度数の高いお酒は、冷凍庫に入れても凍らずトロトロの状態になります。この状態のものを使えば、さらにひんやりとした味わいを楽しめるでしょう。

3.ジントニック

ここからは、家飲みにオススメなカクテルを個別に紹介していきましょう。
最初にオススメしたいのがジントニックです。カクテルの定番中の定番ですが、作り方もシンプルなので家で作るには最適です。
ライムを用意してもいいですが、シンプルにジン+トニックウォーターだけで十分にたのしめます。
こだわるならば、ジンも数種類用意して飲み比べてみましょう。BARでジントニックばかりを注文するのは、他のお酒の誘惑もあり難しいですが、自宅ならば気兼ねする必要もありません。
自分好みのジンを見つけたならば、今度からBARでジンを指定してみましょう。一気にカクテル上級者の仲間入りです。

4.モスコミュール

ウオッカをジンジャーエールで割ったカクテルです。
本式のレシピではライムを絞り、銅製のマグカップで飲むスタイルですが、家で飲むのですから省略しても誰も文句は言いません。
気に入ったならば、ウオッカ一本をモスコミュール専門にして、カットした生姜をボトルに入れてもOKです。
実際のBARでもモスコミュール用に、細切りにした生姜をボトルに入れ漬け込んでいるところもあります。
また漬け込まなくても、仕上げに生姜のスライスや絞り汁を加えても、また一味違います。そんなちょい足しを楽しめるのもおウチカクテルの良さです。

5.ハイボール

ここ数年大ブームになっている、ウイスキーを炭酸水で割ったハイボールも立派なカクテルの一種。
もっといえば何かを炭酸で割っただけのものも、日本ではハイボールと呼ばれています。チューハイも焼酎を炭酸で割った焼酎ハイボールの略称です。
お酒を炭酸で割るのは比較的簡単で飲みやすいカクテル。ジンやウオッカ、ラム、リキュールと色々なお酒に応用可能です。
ウオッカをソーダで割ってライムを搾るのはジンリッキーというカクテルになります。ただ味は缶チューハイのそれで、カクテルを飲み慣れていない人にも親しみやすい一杯となります。

6.家飲みだから出来る楽しみ

色々なカクテルはありますが、家で作るカクテルのよさは濃さを調整できる点にあります。
薄くして、ほろ酔い気分を長時間持続させるの可能です。反対に味を濃くしてお酒の味をより感じることも出来ます。
またピールもレモンに限らず、柚子やオレンジなど様々な柑橘類で試すことが出来ます。このような自由さこそが、家でカクテルを作る楽しさでもあるのです。

家で自分で作るカクテルは、自分好みの味に仕上げやすいのが利点です。さらに自分で作ることで、BARに行ってもバーテンダーの細かな動きや配慮に気づくようになります。是非、お手軽な家飲みカクテルお試しください!

タイトルとURLをコピーしました