日本酒&焼酎を使った和カクテル!

カクテル

カクテルといえば様々な洋酒を使い作り上げるものと思っていませんか?
イメージ的にはそうかもしれませんが、実は日本酒や焼酎といった、日本生まれのお酒を使ったカクテルも存在しています。

今回はそんな、日本生まれのお酒を使った数々のカクテルを紹介していきましょう!

ハイボールもカクテルということは・・・

ウイスキーを炭酸水で割ったハイボールは、ウイスキーカクテルの代表格です。

最近ではハイボール=ウイスキーと思われがちですが、日本では広義に言えば何らかのお酒を炭酸で割ったもの全てを網羅してハイボールと総称しています。

さて居酒屋などでよく見かけるチューハイは、実は焼酎ハイボールを略したもの。つまりウイスキーの代用品として焼酎を使ったハイボールだからチューハイなわけです。

つまりは、大衆居酒屋の代表的飲み物であるチューハイも、焼酎を使ったカクテルという事だってできるわけです。

もっと言えば、缶チューハイは成分を見ればウオッカを炭酸水で割ったものです。カクテルの世界ではウオッカソーダと呼ばれる飲み物に分類されます。

カクテルの王様マティーニをいじった『サケティーニ』

あなたはカクテルの王様と呼ばれる『マティーニ』というカクテルをご存じでしょうか?

マティーニは懐が深いカクテルで、本来はドライ・ジンとドライベルモットをステアして作られます。マティーニの詳細は以下の記事に記載しています。

今回のサケティーニは、マティーニをつくる際に、ドライベルモットの変わりに日本酒を使ったカクテルです。

ドライジンの切れ味鋭い風味のなかに、日本酒のお米由来のほのかな優しくふくよかな甘さが合い、全体を和らげてくれます。

当然本家のマティーニと同様、アルコール度数はかなり高めですので、日本酒ですら度数がきついという方は避けたほうがよいでしょう。

BERで注文してみると、マティーニ同様に仕上げにオリーブを沈めたりします。サケティーニを出すお店の中には小梅を沈めるところもあったりして、なかなかの楽しさがあります。

日本酒を飲みなれない人でも楽しめる『日本酒サワー』

居酒屋などでもよく見かける○○サワーというお酒。分かりやすくいえば、何らかのお酒を炭酸水で割ったものという意味で、ハイボールと事実上大きな差はありません。

日本酒サワーは文字通り、日本酒を炭酸水で割ったカクテルです。
日本酒好きの肩の中には、眉をひそめる向きもあるかもしれません。しかしアルコール度数も下がり、炭酸の効果で香りもより強調されるなど、日本酒初心者にとっては飲みやすいカクテルといえます。

最近では、日本酒自体にあとから炭酸を添加したスパークリングタイプの日本酒もありますが、これは普通の日本酒を割り度数を下げているのがポイントです。

当然ながら料理との合わせも万能ですので、食中酒としてもなかなかに使えるタイプのカクテルといえるでしょう。

日本酒への関心も高まり日本酒人口も増えつつありますが、こういったカクテルとしての飲みやすさをアピールするのも一つの方法ではないでしょうか。

日本ではほとんど知られていない海外のカクテル『ホッカイドウカクテル』

カクテルの名前と言うのは不思議なもので、日本では全く知られていないのに、何故か日本の名前がついているものもあります。
このホッカイドウカクテルもその一つ。ホッカイドウとは紛れもなく、北海道のことです。

レシピはドライジン、日本酒、ホワイトキュラソーの3つを、3:2:1の割合で入れてシェイクすると言うもの。

アメリカの著名なカクテルブックに掲載されているカクテルで、仕上がったカクテルは、気泡が混ざり真っ白で見た目にも美しいのが特徴です。

しかし何故このカクテルに北海道の名前が付けられたのかは全くの不明。
北海道と言えば、ドイツで広く流通している一般的なカボチャが「ホッカイドウ」の名前で呼ばれ親しまれています。北海道の名前はどこか遠い異国の地でも人々を魅了する響きがあるのかもしれません。


意外と思われるかもしれない、日本酒や焼酎を使ったカクテルをご紹介しました。

よく口にしていたチューハイだって立派な焼酎カクテルですが、飲むお店はBARよりも居酒屋の方が似合います。
あなたも様々なカクテルをお楽しみください!

タイトルとURLをコピーしました