自宅でカクテルを作る! シェイクの方法と注意点とは

BAR

自宅でカクテルを作りたいんだけどシェイクってどうやるの?

今回はBERの世界から見るシェイクについて説明していきますね!
是非自宅でカクテルを作るさいに参考にしてみてください

バーテンダーはカウンターの中で、様々な仕事をしています。
そんななかでも、最も華やかでBARの代名詞的存在となっているのがシェイクです。

銀色のシェイカーをリズミカルに振りカクテルを作る姿は、多くの人の中にあるBARそのものではないでしょうか?

そこで今回はシェイクの魅力や、シェイクの技法を堪能できるカクテルをご紹介します。

カクテルのシェイクを行うにはシェイカーと呼ばれる道具が必要です。

そもそもシェイクってなに?

シェイクとは、シェイカーと呼ばれる道具の中に氷と素材を入れて、小刻みに振ることで全体を混ぜ合わせる技法のことです。

同じく混ぜ合わせる技法には「ステア」があります。
ステアが混ざりやすい素材同士に使われるのに対し、シェイクは比重などが違い混ざりにくいものに使われます。

例えば糖度の高いリキュールやミルク、クリームなどは、普通に混ぜたのでは、度数の高いお酒となかなか均一に混ざってくれません。しかしシェイカーの狭い空間のなかで一気に混ぜ合わされることで、全ての素材が渾然一体となりカクテルへと生まれ変わるのです。

シェイクの注目ポイントは?

一口にシェイクと言っても、バーテンダーによって様々です。
基本的なシェイクというものはありますが、全身を使い大きなアクションで振るハードシェイクも一大勢力となっています。

シェイクは異なる素材同士を混ぜ合わせるのはもちろんのこと、短時間で急速に冷やし氷を溶かす。さらに空気を全体に混ぜ込むという様々な要素を持っています。素材により混ざりやすさも異なりますので、カクテルの種類によりシェイクの時間も調整しなくてはなりません。

一流のバーテンダーは、頭の中でシェイカー内部をイメージし、最良の状態でシェイクをストップするとまで言われています。
華やかな技法の奥には、すさまじい努力と技術が隠されているのです。

カクテル表面の氷に注目

シェイクが終わり、グラスにカクテルが注がれたら、表面に氷のチップが浮かんでいるかどうかを確認してみましょう。

この氷のチップの有無についても、様々な流派や解釈が存在し面白いものです。
表面にチップが浮かんでいると飲んだときの口ざわりが悪くなり、氷も溶けて薄まるので、チップは出さないようにすべきという人もいます。

一方で、しっかりとシェイクしてカクテルの温度を下げておけば、氷は溶けないし、反対に保冷効果も期待できるので長く楽しめるという人もいます。

ここまで来るとどちらが正解というよりは、作り手側飲み手側の好みの問題です。

ただ面白いのは氷のチップが浮かぶ場合でも、新人と熟練のバーテンダーを比較すると氷の角が全く異なります。新人が作ると飲んだときに、氷の鋭利な角を感じますが、熟練のバーテンダーだと氷の角が丸くなり口当たりも滑らかです。

同じようにシェイカーを振っていても、出てくる小さな氷の破片に技量の差が生まれるというわけです。

シェイクを堪能できるカクテル

シェイクで作るカクテルは無数にあります。

有名どころならばダイキリ、ギムレット、マルガリータなどで、どれもショートカクテルですので度数はやや高め。3種類ともカクテルの定番中の定番ですので、どんなお店でも用意してあります。

なかでもダイキリは、酸味・甘み・アルコールのバランスが難しく、バーテンダーの技術を見るには最適といわれるカクテルです。自宅でもカクテルを作るさいも、ぜひチャレンジしてみてください

アレキサンダーで長時間シェイクの妙を知る

食後に飲む甘口カクテルの代表であるアレキサンダーは生クリームを使ったカクテルです。

そのため、短時間のシェイクではお酒と混ざり合わず、しっかりとシェイクをする必要が出てきます。かといって単純に長くシェイクするだけでは、氷が溶けすぎて水っぽいものになってしまう。

そんな絶妙なバランスを考えてシェイクをしなくてはならないのが、アレキサンダーです。様々なお酒を楽しんだ最後に飲む一杯としては、味だけでなくテクニックの面から見ても最適といえるでしょう。


今回は、BARのアイコンでもあるシェイクに注目してみました。
静かな店内に響くシェイクの音は、耳でもBARを楽しめます。是非BARに行った際には一杯でもいいですので、シェイクものを注文してみてください。

タイトルとURLをコピーしました