単純さに隠されたビルドのテクニックとは?

「家でもカクテルを作りたい」
そんな風に思ったときに、最も手軽に作れるのが、グラスに注いで軽く混ぜれば完成のビルドという技法で作られたカクテルです。
実に単純で「プロと素人で味の差が出るの?」と思うかもしれませんが、やはりプロが作ると一味違ってきます。
しかし逆の視点から言えば、その違いを認識しておけば、自宅でもプロの味を再現できるということです。今回は、そんなビルドカクテルの秘密と魅力に迫ってみましょう!

1.ビルドの基礎知識


ビルドとは、グラスの中にお酒などの素材を注いでいき、最後に軽く混ぜ合わせるという技法です。
最近人気となっているハイボール。こちらもグラスの中にウイスキーと炭酸水を注いで仕上げに混ぜ合わせる、ビルドタイプのカクテルということになります。
つくる手順もシンプルで、時間もかかりませんので、一杯目に飲むカクテルとしては最適なタイプなのがビルドカクテルといえるでしょう。

2.ビルドなら氷にこだわるべし!


単純なものほど難しいとはよく耳にする言葉ですが、ビルドも簡単ながら些細な違いが完成に大きな差となって影響してきます。
家でビルドカクテルを作るという際には、氷はちゃんとしたものを用意したいものです。
つまり、スーパーやコンビニで売っている純氷を購入しましょう。冷凍庫で作った氷とは溶けやすさや溶けた後の味が全く違ってきます。
BARと家で同じビルドのカクテルを作っても味が大きく異なる、最大のポイントは氷と言っても過言ではありません。
幸い純氷は値段による差はほぼありません。100円コンビニなどで、手軽に購入した純氷でも、十二分にその実力を発揮し、美味しいカクテルの一翼を担ってくれます。

3.炭酸を飛ばさないテクニック


炭酸系のビルドをつくったときに素人がやりがちな失敗。それは最後に混ぜすぎてせっかくの炭酸を飛ばしすぎてしまうというものです。
炭酸で割ったカクテルは、炭酸の爽快感を楽しみたいですので、それを失ってしまえば魅力も半減どころの騒ぎではありません。
ポイントとしては、氷を入れたグラスにお酒を注いだら、その時点で氷とお酒を混ぜて、しっかりお酒を冷やすこと。
これをやらずに炭酸を注ぐと、全体を冷やすために最後に余計な“混ぜ”が必要となり、その時に炭酸を失ってしまいます。
また炭酸を注ぐ際もドバドバとグラスの中に入れてはいけません。氷の隙間を狙い、氷にあてないように注意して、炭酸水を糸のようにして直接お酒に注ぎましょう。
プロのバーテンダーの場合は、氷をグラスに入れるときも、炭酸水を注ぐ経路を確保するようにしています。
何も知らなければ気づかないかもしれませんが、プロはこんな点にまで細心の気配りをしているわけです。こんな情報を知れば、BARで注文してグラスに氷を入れる所作までが、楽しくなってしまいます。

4.ビルドを楽しむオススメカクテルは?


ビルドでつくられるカクテルは無数に存在しています。
BARの定番メニューでもあるジントニックもその代表ですし、お店のこだわりを知るのには最適な一杯です。
またハイボールも、ベースとなるウイスキーを変えることで様々な味を堪能できますし、一杯目としては最適なものでしょう。
リキュール類をソーダやトニックウォーターで割るというのも、実に美味しく飲みやすいビルドカクテルの一つといえます。
リキュールは専用のグラスがあるように、そのまま飲んだりロックで飲んだりもします。しかしいずれも味がかなり濃いため、慣れるまではなかなか味を楽しむようになるには苦労するでしょう。しかしソーダで割れば、程よい濃さになりつつ、リキュールの香りや味わいを存分に堪能できるようになります。

ビルドでつくられたカクテルは、共通してアルコール度数が抑えられ飲みやすい傾向にあります。
つまりより幅広い層に受け入れられますし、その日のスタートにも相応しいカクテルです。
自宅でもお店でも、是非単純さの中に隠れている奥深さに注目しつつビルドを堪能してみてください!

タイトルとURLをコピーしました