ビールが苦手な人でも楽しめる海外ビール特集

beer drinks

ビールが苦手な人は意外に多いものです。臭いが苦手、味が苦手、理由は様々だと思います。

ですが、特にビールの苦味がイヤという人が多いのではないでしょうか。

でも、そんな人でも楽しめるビールがあるんです。ここで紹介するのは、苦味が薄いビールたち。あなたが持っているビールのイメージが変わるかもしれませんよ!

 

コロナビール

ビールが苦手なかたも多いと思います。ですが、メキシコ産のコロナビールは非常に飲みやすく、ジュースのような感覚で飲むことができます。バーに行きこのビールを注文すると、レモンを絞ったり、ライムを入れて出てくることが多いです。

レモンを入れることにより、柑橘系の香りが強く出てとても飲みやすくなります。ビールの臭いが苦手な方も、気軽に飲めるのではないでしょうか。

どうぞ、家庭でもコロナビールにレモンを入れて飲んでみてください!

 

バドワイザー

バドワイザーは日本のビールに比べて薄い味なので、水のように飲むことができます。バドワイザーは日本での販売に力を入れているため、国内でも入手しやすい点がリピーター購入者の多さの要因です。また、前述したように薄い飲みごたえなのでビールが苦手な人にも、初めてビールを飲むという方にもお勧めのビールです。

バドワイザーは量をたくさん飲みたい、アメリカ人ならではのビールともいえます。

販売量も世界一で安心して飲むことができますが、味が変わることがあるのでその点もポイントになります。日本のビールやドイツビールのようなコクは無いので、女性にも飲みやすい味です。また、販売量世界一とう点からも大勢の方に好まれていることが分かります。

ハイネケン

ビール特有の苦みが苦手という方は多いと思いますが、オランダビールのハイネケンならそんな方でも飲みやすいです。

海外ビールというとアメリカやドイツのイメージが強いでしょうが、オランダビールのハイネケンは欧州を中心に人気があります。

国内ビールメーカーのキリンビールが、ライセンス契約を結んで販売しており、日本でもファンが増えてきました。

瓶と缶の2種類があり、どちらも外観の色が緑になっています。ラベルに赤い星があるのがハイネケンの目印です。

麦芽・ホップを原材料に使用しており、泡立ちもよくクリーミー、後味も良く日本人にも受け入れられやすいビールに仕上がっています。国内で製造したものとオランダから輸入したものがあり、酒販店でも購入することが可能です。

ドスエキス

このビールは海外の洋楽アーティストが、プロモーションビデオなどにもよく出てくる銘柄です。人気が高く、きちんとした麦芽の味がして美味しいです。辛い食べ物に合いそうな味です。

ドスエキスの最近は赤も発売されています。赤はまたさらに少し辛口のような味。個人的にいうと、アサヒビールの弱くしたような辛口で、喉越しはない感じ。でもキンキンに冷やしてピザにタバスコをたくさんかけた食べ物にはめっちゃ合うと思います!ぜひ海外輸入ビール販売店でGETしてみてください!

MODELO

MODELOビールというものがあります。口の部分の開けるところに、ゴールドのラッピングがされていて開けにくいです。

アルコール度数も強くて、味もしっかりしていて美味しいです。日本のビールはのど越しや辛口、炭酸が強烈!といったパンチ系の味が人気ですが、こちらは炭酸はそんなにきつくないビールです。

特徴はアメリカのビールにしてはコクがあります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ

  1. imasia_13992777_S

    映画に登場したお酒たち

    人生の様々なシーンに登場するお酒。当然のように人々の姿を描く映画の中にも登場しています。印象的なシー…
  2. ウイスキー

    調和の美が味わえる!ブレンデッドウイスキーを飲もう

    ブレンデッドウイスキーは、ウイスキー全体の流通量でみると8割超のシェアを誇っているウイスキーの主流派…
  3. imasia_14057249_S

    実践的レストランでのワイン選び

    社会人になって数年も経てば、学生のノリのような店ではなく、真っ当なレストランで食事をする機会も増えて…
  4. バーボン

    ワイルドに決めるならこれ?バーボンの魅力

    バーボンのイメージには、無骨で無口な男がカウンターで煽るお酒、といったワイルドさが付きまといます。 …
  5. シャンパン

    名演出家シャンパンの世界!シャンパンとスパークリングの違い

    登場することで、場が一気に華やかになる人が存在しますが、お酒の世界でそんな存在となりうるのはシャンパ…
ページ上部へ戻る