知らないと恥ずかしい!5つのウイスキーの飲み方

ストレート

ウイスキーを飲もうと思い、お店で注文。

すると「飲み方はいかがしますか?」と聞かれ、どんな飲み方があるのかも分からずアタフタしてしまう。なんてのは、ウイスキー初心者あるあるのひとつです。
今回は、ウイスキーの代表的な飲み方と、それぞれの特徴をご紹介します。

1.一度は言ってみたい、「ストレートで!」

 

ウイスキーに何も加えることなく、そのまま飲むシンプルな飲み方です。

グラスを鼻に近づけ香りを楽しんでから、口の中を湿らせる程度の量を含みます。そして、噛むようにして口全体にいきわたらせて飲み込む・・・というのが、一般的な手順です。

香りを楽しむといっても最初はアルコールの刺激しか感じないかもしれません。ですが鼻に近づけるうちに慣れて、その奥に隠れた様々な香りが分かってきます。

一口終わるごとにチェイサーを飲んで口の中をリセットさせます。チェイサーは水が一般的ですが、炭酸水を頼む人もいたりします。

香りと味をそのまま楽しめる基本の飲み方です。

ただ、ウイスキーは強いお酒です。

飲みなれないうちは、アルコールの刺激で口や喉が焼けるような感覚になりやすいです。初心者には味や香りどころではなく、少々ハードルが高いかもしれません。

2.よく聞くウイスキーのロック

Whiskey

氷をグラスに入れてそこにウイスキーを注ぐ飲み方。

焼酎などでもお馴染みなのでご存知の方も多いでしょう。氷はグラスにピッタリなサイズの大きなものを一つだけでもいいですし、手ごろな大きさの氷をいくつか組み合わせてでもOKです。出来れば美味しい氷を使いたいところです。

最初の一口目はストレートですが、時間とともにウイスキーが冷やされていきます。氷も溶け出してアルコール度数も下がり味も変化しますので、どんどん飲みやすくなるでしょう。ただ香りというのは冷やされることで閉じてしまいます。香りが魅力のシングルモルトをロックで飲むと、せっかくの魅力を楽しめないことになりかねません。

そういう意味で、本場スコットランドではロックで飲む人が最も軽蔑されるなんて話もあります。

ちなみにクラッシュアイスをグラスに詰めて、そこにウイスキーを注ぐ飲み方もありますが、こちらは「ミストスタイル」と呼ばれています。

3.初心者でも飲みやすい!ソーダ割(ハイボール)

ハイボール

日本でもハイボールブームのお陰ですっかり定着した飲み方です。方法は簡単でウイスキーを炭酸水で割るだけというシンプルなもの。

割る比率はお好みですが、ウイスキー1に炭酸水3の割合が一般的です。

アルコール度数が下がり飲みやすくなるだけでなく、炭酸の効果で香りがより一層立ち上がり感じやすくなります。

バランスの取れたものよりは、少し個性の強いウイスキーの方がソーダ割には向いているとされますが、ウイスキーを飲み始めた頃は、まずソーダ割で色々なウイスキーの味を覚え慣れたという人も少なくありませんので、入門編としては最適な飲み方です。

4.「水割り」は日本独自の飲み方?

ウイスキー水割り

日本でよく飲まれる水割りは、ソーダ割の炭酸水を水に変えた飲み方です。

「水割りは日本独自の飲み方」と言われることもありますが、本場スコットランドでもウイスキーを水で割った飲むのは一般的です。

ただ、日本のように氷を入れて1対3くらいの割合で水を加えるというのは殆どありません。そういう意味では我々が良く知る水割りは「日本式」といっていいでしょう。

5.本場スコットランドは濃いのがお好き!トゥワイスアップ

ウイスキーと常温の水を1:1の割合で混ぜる飲み方です。
ウイスキーは加水することで香りが開くため、最も香りを楽しめる飲み方とされ、ブレンダーもこの飲み方でウイスキーの状態を確認しています。

先ほどスコットランドでも水で割って飲むと説明しましたが、ほぼトゥワイスアップ程度の加水と思って問題ありません。
加水することで、香りが変化する効果を狙うこともあります。ストレートで注文して加水用の水をつけてもらい、一口ごとに加水して変化を楽しむ上級者もいます。この方法は度数を自分でコントロールできるので、実は初心者にもオススメです。

ウイスキーの飲み方で代表的なものを5つ紹介してみました!
ウイスキーは嗜好品です。どの飲み方が正式とか正解ということはなく、自分がその時飲みたい飲み方が正解といえます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ

  1. ナッツ

    BARでおつまみはアリ?BARフードを知ろう!

    BARに無数に並ぶお酒。これらを色々な料理やつまみと楽しみたい。もしくは、無性にお腹が減っていて何か…
  2. 黒ビール

    これであなたもギネスビールを飲みたくなる!

    アイルランド生まれのスタウトビールであるギネスビールは、飲み応えと深いコクが特徴的なビールです。ギネ…
  3. beer drinks

    ビールが苦手な人でも楽しめる海外ビール特集

    ビールが苦手な人は意外に多いものです。臭いが苦手、味が苦手、理由は様々だと思います。 ですが、…
  4. imasia_14382878_S

    世界の珍酒・佳酒!芋虫が入ったお酒!?

    BARに並ぶ数多くのお酒。どんな店に行っても出会えるメジャーなお酒もある中で、マイナーなお酒も数多く…
  5. Frozen Margarita

    カクテル入門にぴったり!テキーラベースのカクテル

    世界的に知られるようになってから歴史が浅いものの、テキーラは今ではカクテル作りには欠かせない存在とな…
ページ上部へ戻る