ウイスキーを飲むならグラスにもこだわりたい!

ウイスキー

食べ物も飲み物も、器によって大きく味の印象が違ってきます。グラスはお酒にとっての衣装という言葉もあるくらい重要な存在です。
今回は、自宅でウイスキーを楽しむようになると、どうしてもこだわりたくなってしまうグラスの特徴についてまとめてみます。

1.ショットグラス


ウイスキーのワンショットがちょうど入るくらいの、手のひらサイズのグラスです。
国によってワンショットの量は微妙に異なりますが、日本の場合はワンショット=30mlが目安となります。
ちなみにショットグラスのなかにはダブル、つまり60mlタイプのものもありますが大きさですぐに判断できるでしょう。
小ぶりなグラスですが、造形にこだわっていることも多く、美しいデザインやカットが施されているものもあります。
保管スペースもとらないので、コレクションの対象にもなっており、インテリアとして飾るだけでも存在感を示す存在です。

2.ロックグラス


オールド・ファッションド・グラスというのが正式名称で、その名の通りオンザロックで飲むときに用いられるグラスです。
そのため大きめの氷を丸ごと一個いれても大丈夫なくらいの大きさが標準となります。
どの大きさが一番というよりは、自分が手に持って安定感のある大きさが一番とされています。ちなみにグラスの形は垂直よりも、底より口の方がやや広がっている方が無意識の安心感を得られるとされています。
あとは好み次第となりますが、重厚感がありしっかりとした厚みのあるものの方が、氷の音が美しく響きます。

3.ノージンググラス


おそらくBARでウイスキーをストレートで注文した際に、最も多く使われているグラスではないでしょうか。
ワイングラスを、そのままの縮尺でコンパクトにした感じの長脚グラスです。
形状も懐の深いチューリップ型のため、香りを外に逃すことがなく、ウイスキーの奥深い香りを存分に楽しむことが出来ます。
グラスによっては加水の目安となる目盛りがつけられているものもあり、正確な分量で加水による効果を楽しめてしまいます。

4.ブレンダーズグラス


ノージンググラスに比べ、かなり短い脚がついたグラスです。
蒸留所でブレンダーが昔から使ってきたタイプのグラスを商品化したもので、様々なブレンダーの意見を集めて完成したデザインです。
香りという面に重点が置かれ、アルコールの刺激だけでなく、その奥の様々な香りまでもが渾然となって鼻に届く設計となっています。
両手で包み込むようにして、ほんの少し温度をあげて変化を楽しむなんて、カッコいい飲み方も出来てしまうのが特徴です。

5.タンブラー


これまでのグラスとは異なり、いわゆる「コップ」といわれて多くの人がイメージする形のグラスです。
ストレートやロックというよりは、ハイボールや水割りなどで活躍するタイプのグラスといえます。
最近の流行としては、極限までガラスを薄くした「うすはり」タイプが人気となっており、BARなどでも採用するお店が増えています。

6.リキュールグラス


本来はリキュールを楽しむためにつくられたグラスです。
リキュールはアルコール度数の高いものが多いのですが、その度数を感じさせないように、口の中に流し込む設計となっています。
そのためウイスキーに使っても、非常に滑らかにウイスキーを流し込むことが出来るのです。
グラスの造形も、かなりの脚長でチューリップ型も美しいので、特別な雰囲気でウイスキーを楽しみたいときには最適といえるでしょう。

7.蓋付きグラス


ウイスキー最大の楽しみは、豊かな香りにあります。ですので上級者の中には香りを逃さないようにグラスの上に何かを置いて、香りを閉じ込める人も少なくありませんでした。
そんなニーズから生まれたのが、グラスの口にピッタリな蓋をあらかじめセットにしたグラスです。
飲んでいる間に発散する香りを、蓋をすることでグラス内に閉じ込めるため、蓋を開けた瞬間にはその匂いが一気に発散します。
数あるウイスキーの中でも、特に香りが重要なシングルモルトウイスキーなどには最適なグラスではないでしょうか?

ウイスキーを楽しむグラスにこだわりだすと、際限がないといわれるほどに奥深い世界がそこにはあります。
ただ、お気に入りのグラスで、ウイスキーをゆっくりと楽しむのは、ウイスキーがくれる最大の贅沢な時も言えるのです。

タイトルとURLをコピーしました