好みのワインを見つける方法! お気に入りの一本を見つけるには

ワイン

世界中に無数の銘柄があるワイン。そんななかからお気に入りの一本を見つけるのは至難の業です。

それでも「自分はこのワインが好き」といえたならば、カッコイイものです。
そこで今回は、数あるワインの中からお気に入りの一本を見つける方法をお教えします!

ブドウ品種ごとに飲み比べ

ワインと言えば細かな銘柄を気にしがちです。
でもそこからお気に入りを見つけるのは、砂漠の中で一粒の砂金を見つけるような途方も無い作業です。

そこでベストなのが、ブドウ品種ごとにワインを飲み比べてお気に入りを見つける方法。

ブドウ品種が違えば、当然味わいも全く異なってきます。赤ワインならば赤ワインの有名どころの品種ごとにワインを用意して飲み比べてみましょう。

飲み比べるコツ

この時注意したいのが、ワインの価格です。
高級ワインならばどれも美味しくて当たり前です。反対に1000円前後もしくは以下のデイリーワインだと、ブドウの個性をそれほど前面に出しません。飲み比べの際には3000円前後くらいのものを用意するのがベストです。

さらに一本ずつ飲みきって比較するのではなく、同時並行で飲み比べをしましょう。
間違っても、一日一本ペースで比較をしてはいけません。人間の記憶は曖昧で、正確な比較が出来なくなります。

ワインと言っても開栓してから3日程度は持ちます。休日を利用して、じっくり比較してみてください。

産地ごとに飲み比べ

ブドウ品種ごとに飲み比べをして、好みの品種を見つけたならば、今度はその品種に絞って、様々な産地のワインを用意しましょう。

品種が同じでも、産地により様々な違いが出てきます。例えば白ワイン品種ならば冷涼な地域は引き締まった酸味ある味わいですが、温暖な地域だとパッションフルーツのような香りがします。

そんな品種内での味の幅を確認するために、フランスからニューワールドまで各地のワインを飲み比べます。

すると、やはりそのなかから自分好みの味が見つかるはずです。

作り手ごとに飲み比べる

好きなブドウ品種と地域が判明すれば、もう胸を張って大丈夫な状態といえます。

レストランでワインを注文する際でも「○○(産地)の××(銘柄)が好きで」と言えれば、後はソムリエがお勧めを選んでくれます。

たださらに深くワインを知りたいというならば、作り手ごとに飲み比べをしましょう。

特にブルゴーニュワインの場合は、同じ地区でもかなり細かく畑があり、その数だけ作り手が存在しています。畑も傾斜や日照の良し悪しなどが異なり、当然味も異なってきます。だからこそブルゴーニュは地区ではなく作り手が重要といわれているのです。

ブルゴーニュワインに魅了されたならば、様々な作り手を試し自分好みの一本を見つける必要があります。

作り手ごとの飲み比べには試飲会を活用しよう!

今まで挙げたような方法を個人でやるには限界があります。
品種ごとののみ比べならばまだしも、作り手ごととなると個人ではおそらく不可能でしょう。

そんな時に便利なのが、ワインショップなどが主催する試飲界です。ワイン好きな人に向けて、品種ごと産地ごと作り手ごとなど様々な視点で数本をワインを用意して試飲会は開催されます。

それに参加すれば、個人で用意するよりも費用的にもお得に、様々なワインを飲み比べることができるでしょう。

ただ試飲会と聞くとワインに詳しい人が集まり、初心者の自分が参加すると場違いのように思い、不安もよぎるかも知れません。

しかし心配は無用です。ワインに対する感想はあくまで主観的なもの。そこに初心者も上級者もありません。さらに試飲会に参加するワイン好きの方々と交流を持つことで、珍しいワインに出会うなんてチャンスも訪れます。

試飲会はお酒好きが集まって、大好きなお酒を飲む場です。緊張せずに楽しむことが重要なのです。


好みのワインを見つけるのはブドウ品種→地域→作り手と絞っていくのが最も効率のよい方法です。
是非とも試して、お気に入りの一本を見つけてください!

タイトルとURLをコピーしました