覚えておきたいワインテイスティングの方法とは?

ワイン

数あるワインの中から、お気に入りの一本を探す。
もしくは同じワインでも熟成年数による違いを確認する。そんなワインの奥深さを体感できるのがテイスティングです。

自宅でも行なえますが、ワインショップなどのイベントで体験する方も多いでしょう。
今回はそんなワインのテイスティングの方法について説明していきます。

テイスティングのコツ1.用意するグラスの数と持ち方

ワイングラスは飲むワインの本数分だけ用意しましょう。
間違っても一つのグラスを飲みきって、また別のグラスを用意するというのは避けたいものです。

グラスの持ち方ですが、脚の部分を持てばOKです。
ごく稀にグラスの部分を直接持ったり、ブランデーグラスのように手のひらで包む人もいます。ワインの温度が極端に低く温めたいときにはアリかもしれませんが、通常は避けたほうが無難です。

ちなみにグラス部分を直接掴んで飲むのは、忙しく厨房で働く料理人のみが唯一許される飲み方とも言われています。テイスティングやレストランでの食事では避けたほうがこちらもよいでしょう。

テイスティングのコツ2.ワインの色を確認する

まずはグラスを傾け光を透かすようにして、ワインの色を確かめましょう。
このとき注目するのは、赤か白かなんて単純な点ではありません。赤ワインならば縁のグラデーションに注目してみましょう。

縁までしっかりと赤い色素が詰まっているもの。縁は色素が薄く、そこから中心に向かうほどに色が濃くなっていくタイプと様々です。

一般的にボルドーワインのように熟成を前提としてつくられたワインの場合、古いものになればなるほど色あせてきます。

また、日照時間の多さはワインの色の濃さに大きな影響を与えます。赤というよりも濃紫といっていい色合いのものは、太陽をたっぷり浴びたワインと見て取れるでしょう。

さらに言えば、ブドウ品種によっても色合いは様々です。
透かしてみても向こう側が見えないカベルネソーヴィニヨンから、透明感のあるピノ・ノワール。縁までびっしりと色素で覆われ、明らかに濃厚さが分かるシラーなど様々。

慣れてくれば、この段階でブドウ品種のめぼしがつけられてしまいます。

テイスティングのコツ3.香りを確認する

色の次は香りです。
まずはグラスに鼻を近づけてそのままの香りを吸い込みましょう。このとき感じた香りが基準の香りとなります。

その次の段階でワイングラスをまわし、適度に空気に触れさせてから香りの変化を楽しみましょう。ちなみにこのグラスをまわす動作はスワリングと呼ばれています。

また、面白いことに香りを嗅ぐ際に、口を閉じているのと開けているのでは、香りの広がり方が全く違ってきます。

試しにやってみればわかりますが、口を開けた方が圧倒的に香りを感じることが出来ます。これはワインに限らず、ウイスキーなど香りが重要なお酒全般に共通していますので覚えておくと便利です。

テイスティングのコツ4.味を確認する

最後の段階でワインを口に含みましょう。
とはいえすぐに飲み込んではいけません。口にワインを含んだまま空気を吸い込み、ワインと空気を混ぜ合わせ攪拌します。

慣れるまではなかなか難しいですが、普段から水などを使い練習しておけばすぐに出来るようになります。

そこで香りを改めて確認して飲み込みましょう。

飲み込んだ後も、どんな余韻が残るのか。さらに余韻がどれくらい継続するのかも重要なポイントとなります。

テイスティングのコツ5.テイスティグは条件を合わせて行う

手順を紹介しましたが、重要なのは全てのワインに対して平等な環境を与えるという点です。

最初のワインはグラスを3回転だったのに、次のワインは10回転させた。こんな風にバラつきが出ると、当然香りの立ち方も違ってしまいます。

またテイスティングの際には、数本を同時に比べるのがポイント。一本ずつ飲みきっての比較では正確な違いは分からないものです。

さらにテイスティングが終わるたびに、受けた印象を書き残しておくと何かと便利です。その時の言葉に決まりはありません。自分が素直に感じた香りや味についての感想をそのまま残せばOKです。

自己満足のポエムのような感想を残しても、後々見返したときに「?」となってしまうだけです。


ワインテイスティングの重要なポイントをまとめました。自宅や試飲会でテイスティングをする際に是非とも参考にしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました