ワイン入門小悪魔系ピノノワールの魅力

imasia_11211746_S

ピノノワールというブドウ品種をご存知でしょうか?

赤ワイン品種としては、カベルネソーヴィニヨンと並ぶ。いや、マニアの間ではそれ以上の知名度があるかもしれない品種です。この品種、一筋縄ではいきません。今回はそんなピノノワールの魅力に迫ってみましょう。

ブルゴーニュワインの代名詞

フランスワインを代表する、二大産地ボルドーとブルゴーニュ。
imasia_5791707_S
その片方、ブルゴーニュで栽培されているのがピノノワールです。お酒を飲まない人でも名前くらいは知っているであろうロマネ・コンティもピノノワールからつくられています。

ピノノワールの特徴を語るのは、ブルゴーニュワインの特徴を語ることといわれています。それはピノノワールの場合、他のブドウ品種と混ぜて醸造されることは無く、常にピノノワール100%で醸造されるから。ブルゴーニュ地方にあまたある魅惑の銘酒。それらは全てピノノワールによってのみ構成されたワインなのです。

 

ピノノワールの特徴

最大の特徴は、グラスに注いだ瞬間にクラクラしそうなくらいに漂ってくる豊か過ぎる芳香です。この香りだけで、ピノノワールと分かるほどの、衝撃的な差があります。

栽培に向くのは冷涼な気候の土地。反対に温暖な土地では命とも言える香りもなくなって、平均的で凡庸なワインとしかなりません。また石灰質の土壌で栽培した方が、より複雑で多層的な香りになるとされています。

つまり、そんなピノノワールが100%の力を発揮できる環境がブルゴーニュ地方なのです。ニューワールドの生産者も、懸命にピノノワールを栽培しています。しかし残念ながらフランスを越えるワインは誕生していません。

より正確に言えば、ブルゴーニュ地方であっても畑の位置や傾斜の違いにより、隣同士の畑でも全く品質の異なるワインになります。針の穴を2つも3つも通すような条件をクリアしてこそ、ピノノワールは我々に真の実力を見せます。そんな気難しさにワインマニアは魅了されるのです。

 

ブルゴーニュならではの醸造法

ピノノワールは、例えばもう一つの代表的赤ワイン用ブドウ品種のカベルネソーヴィニヨンと比べると、皮の色も薄くタンニンも少ない品種です。そのためブルゴーニュ地方では古くから、ブドウの房を潰さないでそのまま醸造槽にいれ、自重で果汁を搾る方法がとられてきました。

この時点で流れ出た果汁は、再びブドウの上からかけられます。そうするうちに発酵が始まりますが、元の果汁だけでは発酵が終わってしまうので、そのタイミングで、少しだけ果実を潰す。また発酵が始まるものの、収まるので、また果実を潰し発酵を再開させる。こんな方法でブドウから香りと色を引き出す製法が伝統的に採用されています。

 

重要なのは土地?それとも遺伝子?

imasia_7608601_S
偉大なピノノワールのワインはブルゴーニュ以外では残念ながら誕生していません。

他の品種では新興国が最新の技術を導入して、古いしがらみに手足を縛られたフランスワインを超えるものを生み出しているのとは大違いです。

その理由は、先ほど述べたとおり気候や土地に大きな影響を受ける品種だからという点にあります。そのため、一部のワイン評論家の中には「ブルゴーニュと見分けのつかない土地を探す以外、新興国がブルゴーニュを超える方法は無い」という人もいるほどです。

しかし遺伝子科学の発展により、同じピノノワールといえども、フランスと他の国で使われているブドウの遺伝子が異なっていることが判明しました。元々ピノノワールは遺伝子的に不安定なのか、突然変異の起きやすい品種でした。そのため栽培しているうちに変異が起こり、ブルゴーニュのピノノワールとは異なるブドウになっているため、味が再現できなかったわけです。

そのため近年は、ニューワールドの醸造家たちは、優れた遺伝子のピノノワールを導入しワインづくりをしています。そんなワインの中からは、ワイン評論家も一目置くような、素晴らしいワインが生み出されています。

 

ピノノワールの魅力に取り付かれた人々は、まるで熱狂的信者のようにブルゴーニュワインを愛します。ある人は、最上のブルゴーニュワインを飲んだ感想を「真芯でボールをとらえたかのような感覚」と表現しています。

そんな一度ハマったら抜け出せない、ピノノワールの魅惑の世界。あなたは足を踏み入れますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ

  1. ice cube splashing into a glass full of water

    ウオッカはキャビアとの相性抜群!透明な色に潜む魅力

    透明で、全くといっていいほどクセのないお酒ウオッカ。日本では名前は知っていても、意識してウオッカを飲…
  2. バーボン

    ワイルドに決めるならこれ?バーボンの魅力

    バーボンのイメージには、無骨で無口な男がカウンターで煽るお酒、といったワイルドさが付きまといます。 …
  3. ハイボール

    ウイスキーのハイボールが1番飲みやすい!ハイボールを極めるべし

    2008年頃から始まったハイボールブーム。それまで低迷していた日本のウイスキー市場を活性化させ、ウイ…
  4. ワイン

    これからワインを始めよう!マリアージュにテロワール?

    1990年代後半から2000年代にかけてのワインブームで、日本にもすっかりワインが定着しました。今で…
  5. バー

    ウイスキーを知りたいならBARの扉を開けよう!

    ウイスキーはアルコール度数の高いお酒です。 いざ興味を持ってボトルを買っても、慣れないうちは飲みきる…
ページ上部へ戻る