世界の不思議な文化!?南太平洋トロブリアンド諸島のクラ交易

imasia_13359050_S

世界の国々には、私たちから見れば不思議な文化慣習がたくさんありますが、クラ交易ほど不思議な文化慣習はなかなかありません。クラ交易とは一体、何なのでしょうか?

クラ交易とは

クラ交易は、パプア・ニューギニアの東端に位置するトロブリアンド諸島やその周辺の島々で行われる、大規模な儀礼的交換です。
交換されるのは二種類の装飾品です。一つは「ムワリ」と呼ばれる白い貝の腕輪、もう一つは「ソウラヴァ」と呼ばれる赤い貝のビーズでできた首飾りです。ムワリは左隣の島から贈られ、右隣の島へと引き渡されます。ソウラヴァはその逆で、右隣の島から贈られ、左隣の島へと引き渡されます。これを全ての島々で行うので、ムワリは島々を反時計回りに巡り、そしてソウラヴァは時計回りに巡ることになります。

クラ交易の流れ

装飾品――例えばムワリ――が隣の島までやって来たという報を受けると、男たちは特別のカヌーを建造します。カヌーができ上がると、男たちは船団を組んで、ムワリを持っているクラ・パートナーが住む島に向けて、命懸けの遠洋航海に乗り出します。与える側でなく受け取る側が、相手の住む島に出向くのです。
船団が島に着くと、男たちは儀礼的な歓待を受けます。それが済むと男たちはそれぞれ、自分のクラ・パートナーが持つムワリを得るための取引に臨みます。取引は特別な儀礼的作法に従って行われます。すべての男たちが取引を終えると、男たちは再び船団を組み、故郷の島へと帰っていきます。
男たちがムワリを得てから半年くらい経つと、今度はムワリを贈ってくれたクラ・パートナーたちが、ソウラヴァを得るために、男たちの住む島へとやってきます。そして同じような儀礼的取引を行い、ソウラヴァを得て帰っていきます。こうして、大海原を越えたムワリとソウラヴァの交換が成立するのです。

クラ交易の儀礼的性格

「交易」といっても、クラ交易は経済的な利益を得ようとするものではありません。第一に、装飾品には実用的な価値がありません。確かに装飾品を身に着けることはあるのですが、それは大した意味を持ちません。ムワリやソウラヴァはあくまで、クラ交易で交換されるために存在しているのです。
第二に、クラ交易の取引では値切りやふっかけができません。クラ・パートナーがくれた装飾品がどんなに気に入らなくても、文句を言ったり取引を中止したりしてはいけないのです。
第三に、クラ交易で交換される装飾品を自分の所有物とすることはできません。装飾品を手元に置けるのはせいぜい1~2年で、それが過ぎると、速やかに次のクラ・パートナーに与えなければなりません。装飾品が島々を巡るのは、所有できないからなのです。
クラ交易を行っている人たちに、利益追求の感覚がないわけではありません。実は、クラ交易と並行して、クラ・パートナー以外の相手と行われる「ギムワリ」という日用品の物々交換が行われるのですが、この交換では実利が優先されます。ギムワリでは値切りやふっかけが普通に行われますし、途中の島で仕入れてきた物をより高い交換率でさばいて利益を上げることもできます。しかしクラ交易でそのような「欲が深く」「がめつい」ことをすれば、「あいつはギムワリのようにクラを行った」と強く非難されるのです。
実用的でない装飾品を、値切ったりふっかけたりすることなく、ひたすら交換し続ける。このような特徴が、クラ交易に独特の儀礼的性格を与えているのです。

クラ交易への関心と情熱

クラ交易は、実用的な意味を持たない儀礼的交換です。しかし人々にとって、クラ交易は大いなる関心の元であり、男たちはクラ交易に並々ならぬ情熱を注ぎます。クラ交易に参加することは大変な名誉であり、装飾品を手にすると高い名声を得られます。クラ交易で成功した者は「ブトゥラ」と呼ばれ、人々から称賛されます。男たちは装飾品を誇示しながら、どのようにして入手したか、その後誰にあげるつもりであるかを大いに語ります。これが日常生活でしょっちゅう話題にのぼり、男たちがクラ交易で成し遂げた功績や栄光が、飽きることなく議論されるのです。

クラ交易が取り結ぶ人間関係

クラ交易を通じて、男たちはクラ・パートナーとの間に、死ぬまで続く密接な人間関係を築きます。クラ・パートナーは、互いにクラ交易を行う義務や、互いに助け合う義務を負っています。男たちにとって、クラ交易の遠征先となる島は、悪しき呪術がはびこる危険な土地です。そんな地にあって、クラ・パートナーは自分を快くもてなしてくれる友人であり、また自分を守ってくれる保護者や味方でもあります。
クラ交易は、それに伴って成立するこうした人間関係を、広大な海域に点在する島々の間に、網の目のように張り巡らします。と同時に、海を越えた人間関係のネットワークは、クラ交易を行うことによってそのつど確認され、永続化されるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コンテンツ・テーマ

酒コンテンツ 理想の体コンテンツ アクアコンテンツ

ピックアップ

  1. imasia_3122404_S

    2015-7-29

    ただ食材を焼くだけじゃない!簡単激ウマバーベキュー料理をご紹介。

  2. imasia_15797102_S

    2015-8-17

    酒に厳しく、大麻に優しいインド

  3. Dancing Beach Summer Happiness Joyful Concept

    2015-8-18

    イタリアとギリシアの飲酒事情

  4. imasia_7294860_S

    2015-7-31

    プレアデス星団を双眼鏡で見よう

ページ上部へ戻る