大震災被災地・ネパールの悲劇

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2015年4月25日、南アジアに位置する「ネパール連邦民主共和国」が、マグニチュード7,8の地震に襲われました。

カトマンズから北西に約77kmを震源地とする大型地震で、死者8500人を出す惨事。このネパール地震の被害実態とその後の現地で起こった多くの問題を紹介します。

ネパールという国で発生してしまった地震被害

ネパールとは、ヒマラヤの登山口としても有名で、登山や観光業で人気なアジアの国家です。インドと中国のチベット自治区という大国に挟まれた北海道の2倍弱の面積の、どちらかと言えば小さな国といえる国家でしょう。

後発発展途上国として分類されており、長く続く政情の混乱でなかなか思う様に発展できていないのが現実です。地政学上、大国インドと中国の狭間に位置しているため、政治もこの大国の影響を大きく受けてしまうのです。近代に入っても事実上の絶対君主制だったのですが、2006年に民主化運動が起こり、国王が国家元首の地位を失い象徴君主制へ移行しました。

民主化の際にネパールの政治に入ってきたのが、「マオイスト」と呼ばれるネパール共産党毛沢東主義派。テロなどといった多くの混乱の末、ネパール共産党毛沢東主義派は政権の中にも進入してきます。政治的な混乱が、ネパール発展の妨げになっている事も確かです。

面積は大きくありませんが、人口は2700万人以上で、特に首都のカトマンズは人口過密地帯。ネパールはインドプレートとユーラシアプレートが通っており、地震発生地帯なのですが耐震の整備がほとんど進んでおらず、レンガを積み上げただけの様な建築物も多かった為、巨大地震で一気に潰れてしまいました。被害を拡大させてしまった一因に、こういった経済的な問題もあるでしょう。

また、世界的な山脈の存在する地理的要因も被害を拡大させました。ヒマラヤで有名なネパールですが、連なる山脈の至る所で地震の余波による雪崩・土砂崩れが発生。日本人男性1名の死者の他に、複数の日本人観光客・登山客も被害を受けました。ネパールの一大産業である登山・観光にも暗い影を落としています。

世界から、そして日本からの「救いの手」

日本も2011年3月11日の東日本大震災で経験したように、大規模災害になれば世界中から支援の手が差し出されるものです。今回のネパール大地震でも、世界中からネパールや被災者に対し温かい救援が届きました。

国連は現地での緊急人道支援活動を開始すると同時に、ユニセフを通じて世界的な募金活動を指導。アメリカは災害物資の支給と部隊派遣、被災地支援金の支給をおこないましたが、救助活動中にアメリカ兵6名が亡くなるという事故もありました。

多くの国家が、ネパール被災者の為に動きました。

そんな中、当然日本も支援に動きました。日本は「地震大国」であると同時に、「災害救助のエキスパート」としても世界で知られています。地震発生の当日、4月25日には国際緊急援助隊派遣を決定し、毛布やテントなどといった救援物資の他に、10億円規模の緊急無償資金協力が決定。日本の国際緊急援助隊が派遣された事はアジアを中心に報道され、日本の災害救助の信頼性が各国で伝えられています。

救援が一段落した頃、ネパール政府は各国の救援隊に帰国を促しますが、プロフェッショナルである日本の救援隊には逆に延長を要請するほどでした。ただ、やはり物事は全てがスムーズに行く訳でもなく、現地では多くの問題が発生しました。

台湾の救助隊が入ろうとした所、隣の大国・中国に気を使ったであろうネパール政府が断りを入れ、一時入国できませんでした。震災の混乱で、他国の救助隊の案内や救助場所の確保もままならず、救助隊が救助を必要とする地域に入ることも出来ない事案も起こります。

自然災害ではなく「悪意」からくる被害

Terrorist
途上国を中心に、こういった大規模災害の直後から必ず発生するのが「誘拐」です。

大規模暴動や商店などからの集団強盗は欧米先進国でも発生し、大規模な集団犯罪が発生しなかった東日本題震災が「奇跡」と賞賛される位、災害直後は治安が悪化します。特に途上国では犯罪組織による子供の誘拐と人身売買が横行してしまうのが常であり、残念ながら今回のネパール大地震直後も多くの子ども達が被害に合いました。

強引に力で攫って行く誘拐もあれば、震災から来る経済的な問題に漬け込み仕事の話をチラつかせながら売春宿に売り飛ばす犯罪グループが跳梁跋扈してます。イギリスメディアの報道によれば、誘拐された被災者の子ども達はアフリカから韓国まで世界中に密売されたと伝えられています。

少しずつ被災から回復してきたネパールですが、この悲劇を機に根本的な治安対策と経済対策がなされる事を望みます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ

  1. imasia_2763457_S

    2015-7-22

    都市伝説「富士山」の真実!?これが富士樹海の本当の姿だ!

  2. imasia_15797102_S

    2015-8-17

    酒に厳しく、大麻に優しいインド

  3. BLD044634

    2015-7-22

    「男らしさ」「女らしさ」を異文化から考える

  4. imasia_13053325_S

    2015-7-25

    男の体づくりの基礎の基礎!効果的なダイエットの方法とは!?

ページ上部へ戻る