貧困と暴力が蔓延るブラジルの無法地帯・ファベーラ

imasia_9065522_S

「ファベーラ」
ブラジルの多くの大都市や郊外に有る貧民街・スラムの名前です。特に、ブラジルの巨大都市、リオデジャネイロのファベーラは大規模で有名です。カリオカと呼ばれるリオデジャネイロ市民の4人に一人はファベーラの住人だとされています。

何故、ファベーラが生まれたのか?

リオデジャネイロのファベーラは、1895年から始まったアントニオ・コンセリェイロという自称助言者とその信者が政府と戦ったカヌードス戦争から歴史は始まっているといわれています。

カヌードス戦争時に、黒人が兵士として徴兵されるのですが、終戦後に政府はその黒人の居住区を確保していませんでした。
結果、彼らは当時、首都だったリオデジャネイロに自ら家を建て始めました。その時から、「政府非公認の都市」ファベーラは形成されだしたのです。

その後、奴隷から解放された黒人たちがファベーラに住み付き、ファベーラ居住者は他のリオデジャネイロ市民から差別や迫害の対象となっていきます。

そして現在。先ほど述べた通り、かつては黒人に対する差別意識が有りました。ただ、近年ではファベーラには多様な人種が存在しており、人種問題というよりは経済的な問題から差別を受ける事になっているのが現状です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ

  1. Sumo. Hand drawn vector in calligraphic style (converted)

    2015-10-29

    伝統を創造するってどういうこと?インドのカースト制度と日本の相撲!?

  2. imasia_6693997_S

    2015-7-22

    PCスピーカーの選び方のポイントは?音の違いを詳しく紹介

  3. 18267

    2015-9-11

    世界有数の人気観光地であり犯罪都市であるケープタウン

  4. imasia_12480253_S

    2015-10-29

    「天国に一番近い島」ニューカレドニアの暗黒史!?

ページ上部へ戻る