貧困と暴力が蔓延るブラジルの無法地帯・ファベーラ

少しずつ変化を見せるスラム街

ファベーラを舞台にした映画や小説などの作品は多く、ファベーラ内で市街戦を戦うゲームも存在します。国際的な映画賞も多く受賞した2002年の「シティ・オブ・ゴッド」は、実話を基に作成されており、現地のスラム在住者が多数出演している名作映画です。これだけ危険な地域には、多くの人々を魅了する部分もあるのです。

また、「ファベーラ観光ツアー」なども人気です。ガイドから少し離れれば身の危険もあるツアーでは有りますが、ファベーラの「決まり事」を守れば、レストランでのランチや盗んできた屑鉄から作られたアクセサリー購入など楽しめるツアーです。

ブラジル政府の大規模な汚職・マフィア掃討活動も効果を見せつつあり、ファベーラ・警察双方に以前よりも改善の兆しを見せています。麻薬ギャングの縄張りの地域もあれば、観光客用の地域もあるのが現在のファベーラの実態です。

元々はリオのカーニバルやキリスト像もあり、世界的な観光都市であるリオデジャネイロ。

「危険な無法地帯のスラム街が人気の観光スポットとなってきた」

このユニークな変化が、ファベーラにどんな影響をもたらすのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ

  1. 18267

    2015-9-11

    世界有数の人気観光地であり犯罪都市であるケープタウン

  2. imasia_13053325_S

    2015-7-25

    男の体づくりの基礎の基礎!効果的なダイエットの方法とは!?

  3. 串 バーベキュー

    2015-5-20

    バーベキューの串焼きのコツ

  4. Sumo. Hand drawn vector in calligraphic style (converted)

    2015-10-29

    伝統を創造するってどういうこと?インドのカースト制度と日本の相撲!?

ページ上部へ戻る