世界一治安の悪い都市・サンペドロスーラ

imasia_14908507_S

「世界一危険な都市」と呼ばれる南米の国家ホンジュラスの北西部に位置する都市、サン・ペドロ・スーラ。他国と戦争している訳でもないのに、外務省も「渡航の是非を検討して下さい!」と警告を出すほどの超危険地帯です。一体、どんな国家で、どんな危険があるのでしょうか??

サン・ペドロ・スーラってどんな国?

南米・ホンジュラスの第二都市であり、年間の最低気温22度・最高気温33度という常夏。都市の人口は約74万人。日本で云うと、島根県や高知県と同程度。都市の面積は136 km2。日本で云うと、大阪府の堺市や神奈川県の川崎市と同程度。

公用語はスペイン語。

主な宗教はカトリック。

・・・という基本情報になっています。

ホンジュラスの人口・810万人の内、一割弱が居住している人口過密傾向の有る都市ですね。元々は人口1万人程度の住民が多くない地域だったのですが、1900年頃から鉄道が敷かれバナナ農園開発が進んでからは人口が爆発的に増加し、今の様な人口密集都市になりました。

ホンジュラス最大の産業都市となったサン・ペドロ・スーラですが、ホンジュラス自体が世界最貧国の部類に入り、GDPは鳥取県と同程度。

鳥取県の皆さんには申し訳ないのですが。鳥取県の住人は七十数万人、そのお金だけで810万人のホンジュラス人を食べさせていかなければならないのです。

1990年頃の産業が発展していた時代までは中南米諸国で安全性の高い国家だったのですが、1998年に発生したハリケーンや2009年の軍事クーデターによる政変で、景気は一気に悪化し失業者や貧困層が急増。サン・ペドロ・スーラの7割程度が貧困層だといいます。

生活していく為には、稼がなければならない。では、何で稼げばいいのでしょうか?

残念ながらその答えは違法である「麻薬」になってしまったのです。貧困と麻薬組織・ギャングの急拡大による犯罪者の増加が、サン・ペドロ・スーラを「世界一危険な都市」としてしまいました。

どんな危険があるの?

イタリアではスリ、トルコでは押し売り、日本では痴漢、といった具合に正確かどうかは微妙ですが、国によって注意を促される犯罪内容は変わってきます。ですが、サン・ペドロ・スーラでは、ありとあらゆる全ての犯罪に注意が必要です。

10万人当たりの殺人発生件数は年間に159人と世界一で、一日に3人が殺人犯によって殺されている計算です。

イランやアフガニスタンの国よりも殺人発生件数が多いのです。ちなみに、日本は10万人当たりの殺人発生件数は年間1人程度。1人を切る事もあり、日本から見ればほぼ異次元の国家でしょう。

商店の前やバス乗り場の前など、街中の至る所にショットガンといった銃器を所持している警備員が配置されています。この警備員の多さは「犯罪が発生した時に警察が介入してくれない」という意味でも有ります。

地元警察の中では、犯罪者である組織に賄賂を貰って通じていたりする警官もいます。世界的に有名なメキシコのマフィアや麻薬組織が流れ込んでいるので、余計に勢力も資金も拡大の一途。

犯罪組織の方が立派な武器を持っていたり組織自体が大きかったり、と太刀打ちする術が無いので対抗する手段自体もあまり無いのです。

コレは、刑務所でも同じ構図で、基本的にサン・ペドロ・スーラの刑務所は常に満員状態。囚人が暮らす刑務所は、一般的に規律正しくしなければならないものですが、サン・ペドロ・スーラの刑務所は看守が囚人を放置しています。スマートフォンから売春婦まで自由に買う事ができる市場やバザーが、刑務所内に存在します。

嫁と暮らし、子供を作る囚人一家も普通に居ます。囚人が好き放題できるのも、看守が見て見ぬ振りをしているお陰。賭博場が何の問題も無く開かれているので、もしかしたら一攫千金の夢を叶える事も…?!

サン・ペドロ・スーラに行ったら気を付ける事は?

基本的には行かないで下さい。

ただ、仕事や興味から、または気の迷いで、どうしても!という場合もありますよね。長期滞在の場合はまず、在ホンジュラス日本国大使館へ「在留届」の提出をして下さい。何かあった時は対応してくれます。

強盗に有ったら、絶対に抵抗してはいけません。ほとんどの強盗犯は銃器を所持しており、割と躊躇い無く撃ちます。

お金をまったく持っていないのも駄目で、折角仕事(強盗)をしたのに、お金を得られずムカついたので撃ってきます。小額でも渡す為のお金を用意しておくべきですが、それでもたまに撃ってきます。

「夜間の行動は危険度が高い」、というレベルではありません。「夜間の行動」=「自殺志願者」です。

警察の「事情聴取」という名の賄賂要求がある危険もあります。なによりも、「自分は『世界一治安の悪い都市』に居るんだ」という意識が必要でしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ

  1. Close-up portrait of amazed guy

    2016-2-13

    混迷を深めるシリア!何故こうなった!?独裁政権と反政府勢力およびイスラム国

  2. imasia_9903032_S

    2015-7-22

    地球上で最も過酷な場所!猛毒の砂漠「ダナキル」

  3. imasia_2763528_S

    2015-7-22

    高級スピーカーの魅力検証!安物とは音質やこだわりが違う?

  4. imasia_14776082_S

    2015-10-22

    北朝鮮観光!?世界一の独裁国家、北朝鮮の平壌とそれ以外の地域の生活とは!

ページ上部へ戻る