アメリカの観光地、イエローストーンの危機

imasia_15943159_S

世界の超大国、アメリカ。そして、そのアメリカでも有数の人気観光地「イエローストーン」。

1872年に設定されている世界最古の国立公園であるイエローストーンには、様々な「危険」が存在する事をご存知でしょうか?

超危険で美しい「温泉」

モンタナ州・アイダホ州・ワイオミング州の3州に跨って存在する広大なイエローストーン国立公園には、ベリル・スプリングといった幾つかのスプリングがあります。

スプリングとは日本語で「湖・温泉」。アメリカにも南部を中心に多くの温泉があり、アメリカ国民の方々が楽しんでいます。ちなみに、元アメリカ大統領、ビル・クリントンの地元も有名な温泉地。

imasia_15943161_Sしかし、イエローストーン国立公園内に存在する温泉、「グランド・プリズマティック・スプリング」に浸かって楽しむ人は居ません。グランド・プリズマティック・スプリングの見た目自体は、本当に美しい温泉地帯。外側から、赤・オレンジ・黄色・黄緑・緑・青という配色で、鮮やか過ぎるほど鮮やかな絶景です。ただ、中央部の温度は70度~90度と高熱であり、バクテリアすら生息できない環境になっています。

国立公園内には、沸騰する沼等もありますし、世界でも類を見ないほどの間欠泉が集中している地帯でもあります。一瞬でも触れれば大火傷、浸かってしまえば茹で上がる危険な温泉で楽しめる人は居ません。

噴火が指摘されている超巨大火山

イエローストーン国立公園のある地区は北米大陸最大の火山地帯なのです。

歴史的に見ればイエローストーンは、巨大カルデラを形成するほどの超巨大火山噴火であるカルデラ噴火を約220万年前・約130万年前・約64万年前、合計3回発生したと言う調査が出ています。カルデラ噴火だけではなく、それ以外の噴火も7万年前まで続発していたとの事。

近年は巨大な噴火も無く、アメリカの人気自然観光スポットとなっているイエローストーンですが、事情の変化が指摘されています。

現在でも、イエローストーンの地下には巨大なマグマ溜まりが存在するのです。ここ10年でイエローストーン国立公園全体が10cm以上隆起しており、噴気の活発化や池が干上がるといった現象が続発!

アメリカの地方紙・デンバーポスト誌では米国地質監査局の地質科学者が公園内の湖底で直径600m以上、高さ30m以上の巨大隆起発見を報道しています。地震続発で怯える周辺の市民だけではなく、専門家もイエローストーンの危機を指摘し、本格的な調査に入っているのです。

イエローストーンが噴火したらどうなるのでしょうか?

imasia_15879294_S
アメリカでの有名な火山噴火は1980年5月に発生したセント・ヘレンズ山の大噴火。セント・ヘレンズ山の大噴火では、200軒の建物、24km分の鉄道、300kmの高速道路、47本の橋が消失・破壊され、57人の方がお亡くなりになりました。

イエローストーン最後のカルデラ噴火は64万年前ですが、比較的小規模の噴火であったにもかかわらず、このセント・ヘレンズ山大噴火の約1000倍ものマグマが噴出したとされています。

64万年前の噴火時では、火山灰はメキシコ湾まで達していた事が判明。この64万年前の噴火よりも、現在地下に溜まっているマグマ量は遥かに多いとの報告もあります。

イエローストーン火山が噴火した場合、どういった事が起こるのでしょうか。

imasia_16646224_S
ユタ大学のイエローストーン火山観測所所長は、イエローストーンがカルデラ噴火した場合、イエローストーン国立公園自体が消えて無くなると述べています。アメリカのほとんどの地域が火山灰で埋まり、住んでいる人間の多くが亡くなります。

極一部は助かるものの、20世紀で最大の経済成長を果たしたと自負している世界の超大国・アメリカは即機能不全。水道・ガス・電気と言う生活インフラや高速道路や鉄道などの移動インフラは壊滅。死者も大量発生しますが、火山灰などでの呼吸器系や様々な災害での怪我などで、病院もパニックになります。平時から暴動が大規模暴動が起きているアメリカですから、極度に治安も悪化するでしょう。

世界有数の巨大火山噴火であるため、影響はアメリカ大陸だけではなく、世界の環境を大きく変えます。

イエローストーン火山から、半径1000km以内に住んでいる9割の人間が火山灰にて窒息死。6年~10年間、世界の平均気温は約10度下がります。この寒冷気候は、世界の農作物に大きな悪影響を与え、不作や飢餓が世界情勢を混乱させるでしょう。

フランス革命も、噴火から発生した不作で国民の不満が高まり、革命が起きたとされています。絶望的な状況に陥ってしまいますが、日本ではどうなのでしょうか。

食料自給率やエネルギー依存の問題も多くありますが、日本の災害対策は世界でもトップクラスであり、備蓄や対策技術もある程度は準備されています。絶望的な状況だからこそ、日頃からの防災意識が最も重要になるのかも知れません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コンテンツ・テーマ

酒コンテンツ 理想の体コンテンツ アクアコンテンツ

ピックアップ

  1. imasia_12480253_S

    2015-10-29

    「天国に一番近い島」ニューカレドニアの暗黒史!?

  2. imasia_2763457_S

    2015-7-22

    都市伝説「富士山」の真実!?これが富士樹海の本当の姿だ!

  3. imasia_2763528_S

    2015-7-22

    高級スピーカーの魅力検証!安物とは音質やこだわりが違う?

  4. imasia_9619642_S

    2015-8-22

    「神」となった男!?クック船長−ハワイと西洋との出会い

ページ上部へ戻る