「男らしさ」「女らしさ」を異文化から考える

BLD044634

私たちが「当たり前」と思っている「男らしさ」と「女らしさ」。

しかし世界に目を向ければ、私たちの「当たり前」とはずいぶん異なる「男らしさ」「女らしさ」があります。以下では、異文化の多様な事例を紹介しながら、「男らしさ」「女らしさ」について考えてみたいと思います。

セックスとジェンダー

その前にまず、性差について解説します。性差は大きく、セックスとジェンダーに分かれます。セックスとは生物学的性差、つまりオスメスの違いのことです。ジェンダーとは社会的性差、つまり「男らしさ」「女らしさ」のことです。

セクシュアリティ(性的指向、異性を愛するか同性を愛するか両性を愛するか)や、セクシュアル・アイデンティティ(性自認、自分を男と思うか女と思うかそれ以外と思うか)は、生物学的性差に基づいているわけではないので、ジェンダーに分類されます。

オスが「女」になり、メスが「男」になる

セックスとジェンダーは互いに関係していますが、セックスがジェンダーを規定しているわけではありません。現に世界には、「性転換」が当たり前のように行われている社会があります。

例えば、インドネシア・スラウェシ島のバレ・トラジャ族では、男は戦士として他集団から共同体を守り、女は司祭として死霊や悪霊から共同体を守る、という性的分業が行われています。ところが、戦士を引退した男は、「女」となって司祭の修行を始めるのです。衣服も女性のものを着用し、周囲からは「お母さん」「おばあさん」と呼ばれるようになります。

Young and beautiful savage girl in the river.

また、北アフリカの牧畜民ヌエル(ヌアー)族では、不妊症とわかった女性は「男」となり、若い女性と結婚します。不妊女性を夫とした妻は、夫の父系親族の男性との間に子をもうけますが、夫がその子の本当の父と見なされます。

バレ・トラジャやヌエルの「性転換」の事例は、ジェンダーがセックスに規定されてはいないことの確たる証拠です。人間にとっては、オスメスよりも「男らしさ」「女らしさ」の方が、はるかに大事なのです。

男らしさ、女らしさ

imasia_10864897_S文化人類学者のマーガレット・ミードは、ニューギニアの三つの民族の「男らしさ」「女らしさ」ついて、大変興味深い報告を行っています。

アラペシュ族では、男女ともに穏和で物静かで協力的、争いを嫌い、子供の頃から争ってはいけないと教育を受けます。両性とも、アメリカでは「女らしい」とされる性格をしているのです。これに対してムンドゥグモール族では、夫婦仲は常に悪く、互いに攻撃的で、男は戦いに明け暮れ、女は子供をかまいません。両性とも、アメリカでは「男らしい」とされる性格をしているのです。さらにチャンブリ族では、男が家事を行い、女が食料を獲得します。男はオシャレに明け暮れるのに対し女は質素であり、また家庭では、男は女への依存心が強く女は支配的に振舞います。男女の性格が、アメリカとは逆転しているのです。

これら三つの事例からミードは、「男らしさ」「女らしさ」が、生物学的なオスとメスの違いによるものではなく、文化によって形成されるものであることを明らかにしました。「ジェンダーは文化的に構築される」ものであり、「文化によって異なる」のです。

文化としてのジェンダー

ジェンダー、すなわち「男らしさ」「女らしさ」は、オスメスの違いに規定されたものでも、全世界に共通のものでもありません。それぞれの文化ごとに異なった、その文化に独自の「男らしさ」「女らしさ」があるのです。

文化である以上、ジェンダーは常に揺らぎ、また歴史とともに変化します。現に日本では、「男社会」の企業でバリバリ働く「キャリアウーマン」や「女の仕事」の子育てを積極的に行う「イクメン」、恋愛に消極的な「草食系男子」と恋愛に積極的な「肉食系女子」など、従来のジェンダー観の型にはまらないライフスタイルが広まっています。と同時に、「女子力」「男子力」という新たな装いの下、従来のジェンダー観が強調されたりもしています。

もしジェンダーが生物学的に規定されているのなら、こうした現象は起こるはずがありません。文化だからこそ、ジェンダーは揺らぎ、そして変化するのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ

  1. imasia_7294860_S

    2015-7-31

    プレアデス星団を双眼鏡で見よう

  2. 部屋を綺麗に掃除!

    2015-4-30

    一人暮らし男性の散らかった部屋を掃除する3点のコツ

  3. imasia_12480253_S

    2015-10-29

    「天国に一番近い島」ニューカレドニアの暗黒史!?

  4. pixta_1756449_S

    2015-9-12

    メソポタミア文明まで遡る印鑑!?日本ではサインの代わりに印鑑を使う理由とは!!

ページ上部へ戻る